絶賛、ダイエッターのハピコです。



スポーツジムのスタジオプログラムに
新しくできた友人と参加しております。


ヨガとかのプログラムは、
心地よい伸びを感じて
汗だくになることはないのですが、
ボクシング系の激しいプログラムに
参加すると、頭の上から
滝のような汗が流れてきます。

「いやー、きつかったねー」
友人と、そんな会話をしながらも
やりきった感があって
楽しく参加しております。

■汗によるメイク問題



そんな滝のような汗で
友人は、ファンデーションが
汗と共に流れています。

それで、友人が私に
こんな質問をしてきました。

「ハピちゃんは、ファンデーション何使ってるの?」

おそらく、汗だくなのに
化粧崩れをしない私の顔を見て
聞いてきたのだと思います。

■ノーファンデ



なので、私は、
「私、化粧してないよ^^」

それを聞いた友人は、
「えー!?ファンデーションも塗ってないの?」
「全然、分からなかった」
と言っていました。

それを聞いた私は、
この数年間の努力が、目に見えて
成果として現れたことが
とても嬉しくなりました。

■化粧品代



IMG_0277


なので、私は、
「ちなみに、化粧水とかも使ってないんだ」
話すと、これまた友人は
とっても驚いていました。

そのリアクション、とても分かる。

10年前の私も
絶対同じリアクションするよ。

「でもね、この生活に慣れると
化粧品代がかからなくなって
とってもいいよー」
と話すと

「だよね!だよね!
化粧品代もバカにならないよねー」
と言っていました。



■メガネ族



でもね、おそらく、
私が、すっぴんに耐えられるのは
メガネのおかげなんだよね。

メガネをかけていると、
まず視点がメガネに行くから
その周りの顔が、ぼんやりなるのね^^

そして、メガネにしたことで
コンタクトレンズ代もかからなくなって
一石二鳥とは、このことだなと。




■まとめ<身支度が気楽>



私は、20代の頃
毎日、コンタクトレンズを入れて
基礎化粧をしっかりして
フルメイクで過ごしていました。

でも、大災害で避難所にいる人を
テレビで見るたびに、
私は、もし大災害で避難所に
何日も過ごすことになったら
カピカピの干物肌と、
全く印象の違うノーメイクの顔。


そして、コンタクトレンズなしの
ほぼ前が見えない状態になったら
私は、一体どうなるんだろう・・

そんなことを考えていたことがあります。

でも、時間をかけて
地道に軌道修正してきて
そういう悩みから解放されて
今は、自由だなと感じるようになりました。


化粧をしたい日は、化粧をしてもいい。
でも普段は、素肌で過ごすことができる。
それが、とても気楽だなと感じます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」



よろしければ読者登録をお願いいたします!