先日、お笑いコンビ「カラテカ」の
矢部太郎さんが書いた漫画
「大家さんと僕」を読みました。



■ほんわか



この本のあらすじとしては・・

矢部さんは、
あるきっかけから
大家さんが1階に住む
2階だて賃貸の2階部分に住み始めます。

その大家さんと
矢部さんの、ほんわかしたやり取りが
何とも言えないくらい絶妙。


■大家さん



BE371AA4-F8CA-4F97-8078-0D4AB79F3FDF


大家さんは、幼い頃から
お金持ちとして育ってきたらしく
行動や発言がお金持ち。

だけど、それが全然嫌味なくて
マイペースに、きちんとした生活をされています。


■ユーモア



矢部さんが出演したお笑い劇場を
観に来たときの大家さんの感想が・・

DFEB7B33-BB6D-4A42-8958-8AF8A4EF2844


マクベスって、私は知らなかったのですが
調べてみたら・・

『マクベス』は、
1606年頃に成立したウィリアム・シェイクスピアによって書かれた戯曲。


でも、高齢の大家さんには
そんな風に見えたのかな。

そして、それを
普通に伝える。

そんな大家さんが
可愛らしい。


■可愛いおばあちゃん



幼い時から
お金持ちとして育った大家さんの言動は
やっぱり、ふつうのおばあさんとは
ちょっと違います。

お金に困らないで成長すると
こんな感じになるんだとか。

でも、そのマイペースな感じが
可愛らしくて、素直で
ほっこりします。


■まとめ<自分を隠さない>



大家さんは、高齢の一人暮らしなのですが、
周りの人に助けられて
そして、周りの人に慕われて
のんびり暮らしています。


何とも言えない魅力のある大家さん。

私も大家さんみたいに
自分を隠さない
可愛いおばあちゃんになっていきたいと感じました。








よろしければ読者登録をお願いいたします!