既読スルーされた数だけ幸せになれるという
本に、こんなことが書いてあります。

女性は、そもそも「察して気づく生き物」でしょう。
だから、男性にそれと同じくらいの能力があると
思っている人が多いのですが、
男性には破滅的にそうした能力はありません。




■女性は、そのままだとお母さんになる。



朝ごはんを作って、
片付けをして、
掃除をして、
子育てをして、
夕飯を作って、
片付けをして・・

結婚をして、子供を産む。
すると、気づくと
永遠の家事ループをやっていることに
気づきます。

■なんか違う。



私の親世代は、
男性は、外で働いて
家のことは、女性がする。

だから、男性は、家のことはやらない。
そういう風なのを見て育ちました。

でも、私は、これからの時代は
もっと自由で良いと思っています。


■可愛く(ルン♪)



IMG_6878


でも、男性は、「察して気づく」という能力が
破滅的にありません。

だから、女性が、
「これをやってくれると嬉しい!」

そして、その語尾に小さく(ルン♪)を
つける感じで伝えると良いのです。

本の中にも、こう書いてあります。

あなたが「どうなったら幸せなのか」を、
男性には具体的に伝えてあげましょう。

「言葉にしてほしい」
男が女性に望むたったひとつのこと。


■期待はしない。



黙っていても、
いつか気づいてくれる。

淡い期待を持って
男性と接していても
その「いつか」は、永遠にやってきません。


だから、
「こうしてね♪」ときちんと伝える。

我が家の旦那も
「察して気づく」は破滅的に能力がなかったのですが、
一つ一つ、伝えることで
結婚当初より、かなり変わりました。

■まとめ<男性は言わないと永遠に伝わらない>



男性は、好きな女性の望みなら
できる限り叶えてあげたいと思う生き物なのです。

だから、こうして欲しいと思うことは
可愛らしく伝える。


「察して気づく」能力が
破滅的にない男性に対しては、
言葉にして伝えることで
女性も快適に過ごすことができるようになるし、
女性が、ご機嫌になることで
男性も快適に過ごすことができるようになるのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!