親は、子供にとって良かれと思って
色々なことを伝え、
良かれと思って、そうなって貰えるように努力します。


でも、より少ない生き方 ものを手放して豊かになる
こんなことが書いてありました。

とりあえず今のところは 、 「自分は他の誰かの人生を生きるために生まれてきたのではない 」ということだけ確認しておけばいいだろう 。




■目次
 ▶良い学校に行き、良い就職先に就く
 ▶とりあえず結婚して、子供を生む
 ▶この歳になって思うこと
 ▶良い人生は人それぞれ違う
 ▶最後に

■良い学校に行き、良い就職先に就く



親は、子供に期待をしている。

いや、世の中には、期待しない親もいるだろうし、
期待をしていても、それに対して鈍感な子供もいるだろうから、
これは、自分の問題なんだろうなと思うのだけど、
私は、何となく親の期待に応えることが
プライドというか見栄のようだったような気がします。

良い学校に行き、良い就職先に就く。

これが、一番良い人生なのだと
それ以外は不幸なのだと思っていたところがあります。

■とりあえず結婚して、子供を生む



二人目は生まないの?
これは、実際に色々な人から言われたフレーズです。


世の中には、見えないプレッシャーのようなものがあって、
女性は30歳になるまでくらいには結婚をして
子供を2人生む。

これぞ、幸せのかたちなのよ。
私も、そう思っていました。


■この歳になって思うこと



そんな私も今年で35歳になりました。

そして思うことは・・
「自分は他の誰かの人生を生きるために生まれてきたのではない 」


この言葉が、妙にしっくり当てはまる
そんな感じがするのです。

■良い人生は人それぞれ違う



親が思う「良い人生」と
子供が思う「良い人生」は違うのです。


そして、子供の人生は、子供が決めて
生きていくのであって、
親が決めて生きていくのではないのです。

■最後に



そういうことが、最近になって
ようやく分かるようになってきて・・

今更、人生をやり直せるわけでもないので、
これから私にできることは、
自分の子供には、子供の人生を歩んで貰いたいと思うし
私も、自分の人生は、自分で歩んでいきたいなと。


人生、やりたいように生きれば良い。
どうせ、人生なんて、
あっという間なのだから。



ランキングに参加しています
▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪






よろしければ読者登録をお願いいたします!