先日、バレンタインのチョコを
実父に送っていたら、お礼の電話がかかってきました。

「チョコレート、ありがとう」

そんな話から
父が毎日書いている日記の話になりました。

■パソコンで日記



父は、毎日、日記を書いています。
そのことは、私も知っていました。

聞けば、もう10年以上
続いている習慣らしいです。

でも、最近、手書きではなく
パソコンで日記を書いているらしく、


どうしてパソコンで書いているかというのは
酔っ払って帰ってきて書いた日記が
翌日、自分で書いておきながら
何を書いているのか分からないことが
多いからなんだそうです。


■祖父も日記



日記は、
私が一緒に暮らしていた
おじいちゃんも書いていました。

私が小学2年で亡くなった
おじいちゃん。

そのおじいちゃんの日記も
字が達筆すぎるからか・・

誰もその日記を読めないという・・

そういうのもあって、
父は、手書きではなくパソコンで
日記を書いているんだそうです。

■日記を書くように



遺伝なのか・・

私も気づけば、毎日
日記を書くかのごとく
ブログを執筆しております。


でも、たまに、こんなことを書いては
どうなのだろうか・・

そう思うと、書く手が止まることがあります。

■自分の常識は他人の非常識



これは、常識だろう・・

そう思うことでも
案外、他の人からしたら
知らないことだったりして・・


そういうのは、私自身にも経験があります。

おそらく、これを書いた人は、
特に価値がないと感じているのかもしれないけれど

私は、初めて知ったよ!

そんなことが結構あります。

■まとめ<もっと気楽に>



色々書いてしまったけれど、
要は、父と電話で話していて
私も日記を書くように
もっと気楽にブログを綴っていきたいなと感じました。


私の場合、おそらく
遺伝的に日記を書くことは
続きやすいタイプ。

そして、そういうでも読みたいよって思う人に
囲まれていきたいなと思います。






よろしければ読者登録をお願いいたします!