よく海外にバックパッカーとして
貧乏旅行をした人は、
日本に帰国したら

「人生観が変わった」と言う人がいます。

あれは、海外が

・危険だし
・不衛生だし
・食べ物が口に合わなかったり


そういう環境で、お金もそんなに無い状態で
ある一定期間過ごしてみたら
「日本って、めっちゃ良いじゃん」ってことに
気づくからなんだそうです。

■日本という国



日本は、他の国と比べたら

・安全だし
・トイレだって衛生的だし
・食べ物も美味しい


日本にいるってだけで
本当は、こんなに幸せだったんだ!

それに気づくから。

■幸せのハードル



それなのに、日本にだけいると
「もっと、もっと」となって

「これくらい普通でしょう」って
どこまで行ってもゴールが無いみたいな。

それって、単に
幸せのハードルが高いだけだったんだ。

■あることに感謝する



「ちゃんとしなきゃ」って
イライラするんじゃなくて

すでに、ある環境に
「ありがとう」と感謝をすれば
見える世界は、違ってきます。


■まとめ<幸せのハードルを下げる>



幸せのハードル(こうじゃないと)が
高いから、辛くなるんです。

そうじゃなくて、
幸せのハードルが下がれば
「なんて幸せなんだ」と
ありがたく感じるんだなと。






よろしければ読者登録をお願いいたします!