堀江貴文さんの属さない勇気: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革
こんなことが書いてあります。

プライドを低くすれば、動きやすいし、
スピーディに質の良い判断ができるだろう。

何より、プライドの低い人は、愛される。
冷静に周りを見て渡してほしい。
小さな実績で威張り散らし、
プライドを誇示している人が好かれているだろうか。

もし、その人が困った時に、
助けてあげようと思うだろうか?




■プライドのないバカこそ最強



私は、長らくの間
小利口に生きてきました。

こうしたら、周りに
こう思われるんじゃないか。


もし、こうやって失敗したら・・

そういうのに加えて
変にプライドがあって・・
本当に生きにくい人生です。

でも、本でも書いてあるのですが
「プライドのないバカこそ最強」だなと。

■プライドがない



まず、プライドがないっていうのが
強い。

周りの評価なんて
気にしない。


変にプライドがあるから
変なところに力が入って
辛くなるんです。

■小利口よりバカ



そして、変に利口になるから
決断が遅くなって・・


気づくとタイミングを逃している・・

それこそ、勿体ないというもの。

■まとめ<プライドの低い人は愛される>



プライドの高い自分より
プライドの低い自分の方が
生きるのも、楽になるというものです。

そして、プライドの低いひとの方が
愛嬌があって、愛されるもの。


プライドは、断捨離する方がいい。







よろしければ読者登録をお願いいたします!