マンガで身につく 多動力
書いてあったこと。

人生に目的なんてない

子どもは「目的」なんて考えたりはしない。
楽しいから遊ぶ。

おいしいから食べる。
無我夢中になれるから
驚くほど成長が早いのだ。

それと同じで、何か具体的な目的のために
人生を送ってはいけない。
楽しむことがすべてだ。

周囲の人が引くぐらい無我夢中になって
熱狂的なまでに没頭する。

そうなれば、目的なんかおのずと達成できる。




■夢中になれること



堀江さんは、人生に目的なんてない。
今を楽しむことがすべてと言います。

人は、大人になるに連れて
夢中になることをせずに
「しなければいけないこと」を
仕方なくやり始めます。

そして、好きなことは
心のどこかで、やってはいけないと
信じていく。

そして、夢中になれることが
何だったのか・・


それすら忘れていってしまう。

■昨日と同じ今日



私は、学生時代に
毎日やりたくもないことをやって

昨日も、つまらない。
今日も、つまらない。
明日も、つまらない。


そして、一生つまらない。

つまらない昨日と同じ
今日を過ごさなければいけない。

それが生きることと
思うようになっていった。

■毎日キラキラ



でも、そんなつまらない人生
生きていたって仕方がない。

長らくの間、
押し潰されていた自分の本当の心を
掘り出して、磨いてあげよう。


そして、毎日がキラキラした日にしていこう。







よろしければ読者登録をお願いいたします!