私は、小さい頃から
「親に褒められたい」
「先生に褒められたい」


そういう気持ちが強いタイプでした。

■グリップ力



堀江貴文さんの属さない勇気: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革
こんなことが書いてあります。

上の者が下の者の思考を停止させ
下の者を思いどおりに
利用する力のことを“グリップ力”と言います。

下の者は上の者に対し、
「逆らえない」「逃げられない」と
勝手に服従してしまう。


私はこの「グリップ力」という単語に
まさに、私のことだなと感じました。



■褒められたい



親や先生に
「褒められたい」「認められたい」
そんな思いが強かったがために

気づけば、自分の気持ちより
「これは褒められることなのか」

そういう気持ちの方が強くなってしまいました。

それが原因で、
「自分の好きなこと」より
親や先生の喜びそうなことを選択するようになり、

気づけば「自分の好きなこと」が何だったのか
分からなくなり、

さらには、「自分の好きなこと」が
分かったとしても、動き出す勇気が出ない。。


■対策方法



本の中に
このグリップ力の対策方法として
2つのことが書いてあります。

1つ目は・・
複数のコミュニティと関わりを
持っておくこと。


2つ目は・・
過去は綺麗に忘れ去ること。

■まとめ<過去を引きずらない広い視野>



視野が狭くなると
特定の人に「褒められたい」という思いが強くなりがち。

だから、そうではなくて
複数のコミュニティと関わり
広い視野と共に
思い込みをほぐすこと。


そして、過去は引きずらず
新しい視野で
どんどん進んでいくことが大切なんだなと。








よろしければ読者登録をお願いいたします!