息子は、毎朝
バスに乗って、こども園に行きます。

その後、ママ達は、
おしゃべりタイム。

私も、そのおしゃべりの中に混じって
おしゃべり。

その中で、色んな人と話しをしていると
色んなことを考えます。


■小学2年生の娘



小学2年生の娘がいる母の心配は・・

・(娘が)すぐネガティブ発言をするし
・(娘は)やれば出来るのに、弱音ばかり言う
・将来、何となく結婚もできなさそうだし
できても、亭主関白で苦労しそう。


なぜ、自分の娘なのに
そんな風に思えるのか
私には、意味不明だけど・・

だから、今から、ちゃんと勉強が出来る子にして
よい学校に行かせて、よい会社に務めるか
手に職を持ってほしいと思っているらしくて・・

■昔の私みたい



その話を聞いていたら、
その娘さんが、まるで
昔の私のように思えてきました。


学生の頃の私も、
ほぼほぼ結婚できなそうだから、
手に職を持って、どこででも
一人で生きていけるようになろう!と思っていました。

■そのままでは価値がない



こういう風に考える
根底に流れる考え方は、
私は、そのままでは価値がないということ。

だから、頑張って価値をつけて
頑張り続けなければ、生きてる価値もないと
思っていました。


■女ひとりでも大丈夫



そんな私だったわけですが、
今、振り返って考えてみたら
贅沢さえしなければ
手取り17万円くらいで
家賃5万円くらいのところに
細々かもしれないけれど
楽しく生きるなんてことは簡単なことだったなと。

何を、あんなに
頑張らなければ価値がないと思っていたんだろう。

ていうか、そのままでも
十分価値があったのに
なんで、あんなに鼻息荒く
頑張らなければ価値がないって思っていたんだろう。


■まとめ<大丈夫>



だから、私は、
その小学2年生の娘さんの
お母さんに、

そんなことないよ!
絶対に、大丈夫だよ!
って
この記事で書いたようなことを話したら

そうだよね!
そんなに心配しなくてもいいんだね。って
ちょっと安心した表情をしていました。

・そのままじゃ大丈夫じゃないを信じるのか
・そのままで大丈夫を信じるのか

どちらが正解というのはないけど
私は、これまでの経験で
そのままで大丈夫を信じて生きていきたいなと感じています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」






よろしければ読者登録をお願いいたします!