旦那が、月9ドラマの
ラジエーションハウスにハマっており、


私も、ついつい一緒に観ているのですが、
昨日の話が、なかなか面白かったです。


IMG_7510



ここに、1本のペンがある。
ペンには、50円で買える格安のものから
5万円を超える高価なものもある。

高価なペンは、何年も使い続けることができ
一生モノになるという。

ペンなんて書ければいいと言う人もいる。

その一方で、そのペンに拘り続けた男もいる。

しかし、その本来の価値は、
何を書くか、それによって変わるのかもしれない。 


どういう話だったかというと、
主役の恋敵の医者の話だったのだけど、


IMG_7513


このお医者さんは、


お父さんが、大学病院の
お偉いさんで、二流の医学部に合格した時


そのお父さんに、
入学祝いとして、5万円の高いペンと
「もう、これ以上、がっかりさせないでくれよ」みたいな
言葉をもらうわけです。


・民間の病院より
・大学病院


上に昇っていくことが大切で
そこに、こだわってきたようです。



でも、 立場とか、場所とかではなく
何をするか。



そこが一番大切なんではないだろうか。


そういう話だったわけです。



これは、私も、
長らくの間、悩んでいたところだったので
考えさせられるものがありました。


・プレッシャーというか
・プライドというか
・見栄というか


背伸びし続けるのって
疲れるよねと。


等身大の自分で
やれることを、やる。



そういう生き方が
やっぱ良いなぁと感じます。



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 



よろしければ読者登録をお願いいたします!