お湯は、やかんで沸かすもの。

洗濯は、自分で干して取り込むもの。

料理は、鍋で作るもの。


昭和生まれの私は、
長年の間、そう思っていました。


家電になんて、
まかせられない。


だって、家電でしょ。


信用できるのは
なんといっても自分だけ。


その固定観念を最初に壊したのは
「電気ケトル」


お湯は、やかんで沸かして
「ピーっ」て鳴ったら、火を止めに行く。


これを、電気ケトルが
私の常識を打ち壊しました。


水を入れて、セットして
スイッチを入れて、
お湯ができたら勝手に止まる。


もはや、今では
私の中で常識だけど、


家電にまかせるって
本当に楽になるんだ!と
思い知らされた瞬間でした。


■洗濯



そして、洗濯の常識を変えてくれたのは
ドラム式洗濯乾燥機。


夜、寝る前に
スイッチを入れておけば、


朝起きたら、
乾燥まで終わっているという幸せ。


だから、あとは、
畳んでしまうだけ。


■ヘルシオ 



そして、最近、
導入し始めたヘルシオ シリーズ。


初級編である
ホットクック。


さらに、ヘルシオ オーブンレンジ は、
材料をセットして、スイッチを入れておけば


完全に放置できる上に、
自分で作るより美味しいというね。


■家電にまかせる



最近、しみじみ感じているのは、
時代が、理想に
どんどん追いついてきているということ。


完全なるドラえもんの世界とまでは言わないけど、
それに近いものは、もう簡単に手に入れられる時代になってきている。


家事は、自分でやるものではなく
家電にまかせる時代になる。


そして、自分でやらなきゃ!という
固定観念を手放した時、


人生が楽になるんだなと感じます。


▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


よろしければ読者登録をお願いいたします!


よろしければ読者登録をお願いいたします!