のんびり楽しく貯金

今の自分を大切に楽しく貯金しながら、のんびり生きていくヒントを日々更新しています。あなたの人生を変えていきませんか?

カテゴリ: 幸せな生き方

私事で恐縮ですが、先月、ココに引っ越してから4年程、勤めていた 小さな会社を退職しました。 両親には、ブログを書いて、お小遣い稼ぎをしている程度の話はしていました。 その時の反応は、「すごいわねー。今は、そんなことも出来るのねー」と 半信半疑といった感じでし
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、どちらかと言えば、理科や算数が得意でした。 そして、一番苦手な科目は、国語。 国語は、やりたくもないけれど、まんべんなく点数をとることが大切。 そうやって、育ってきました。 私は、今でも、自分が読みたいと思った本は、 興味深く読むことが出来ますが、全く
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、神さまとのおしゃべりを読みました。 私は、この本を読んで、一番印象に残っていることは、 今の、この生活は、全て自分が引き寄せた結果だということです。 私は、自分の生活が、物凄く楽しくなくて、毎日つまらないと思っているのに、 これを、自分が引き寄せた
このエントリーをはてなブックマークに追加

禅「心の大そうじ」に、こんなことが書いてありました。 人は、生まれたときは、丸裸で何一つ持っていない。 ところが、生きていくうちにいろいろなものをまとい、 それが手放せなくなる。 家族をなくしたくない、 財産を失うのは嫌だ、 肩書きは守りたい。 しかし、あ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日の朝に、松本人志がコメンテーターを担当する 「ワイドナショー」という番組で、 下流老後について、どう思われますか?という質問に、 共演者のコメントが面白いなーと思いました。 松本人志は、ペヤングが食べられると思うと 嬉しいですけどねとボケで返していまし
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ホンマでっかTVで、布団で寝るのと、ベッドで寝るのは、 どっち派ですか?ということをやっていました。 私は、昔は、ベッド派でしたが、今は、布団派です。 それは、どうでもいいことなのですが、 心理学と脳科学の観点からすると、布団の方が 安心感があって良い。
このエントリーをはてなブックマークに追加

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉に こんなことが書いてありました。 自分の葬式に何人参列してくれるかが、 自分の価値だとビクビクしているキミへ。 友だちの数を増やすのをやめると、嘘のように人生が楽になる。 友人関係とは、量ではなく
このエントリーをはてなブックマークに追加

今、禅「心の大そうじ」を読んでいて、 人には「道を示してくれる師」が必ずいるのだと書いてありました。 「三級浪高魚化龍」という言葉は、すぐれた師と巡り会い、そのもとで修行すれば、 鯉が龍になるように、おろかな人間も悟りと得ることができる、という意味なのだそ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今、リビングにあるテレビ台には、扉は付いていません。 このテレビ台を買ったのは、ココに引っ越してから。 最初は、テレビ台としてではなくて、センターテーブルとして 使うために買いました。 その当時、テレビとソファの間に、モノを置くテーブルが欲しかったのです
このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中って、そんなに簡単に変わるものではありません。 私、一人が、「辛い」「逃げ出したい」そう思っても、 何も変わることはありませんでした。 どんなに辛くても、明日、生きていくために、 そして、後ろ指を差されないために、やりたくない仕事も、 全く興味がないこ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ