「凄いなぁ」と思う人を見て
それに刺激されて、


私も頑張ろうと思う。


そういうのは、自分自身も成長できて
良いと思うんだけど、



どこまでも、
他の人を見ては、
ザワザワした気持ちになるのは、


私自身が、無意識で
自分以外の人を

ジャッチしているから。



あの人は、私より凄い人。

あの人は、私より凄くない人。


そうやって、
心のどこかで、
他の人に対して、点数をつけている。


私は、あの凄い人には
敵わないから、


もっと、もっと
頑張らなきゃ。



私は、あの人より
優っているって
自分で勝手に決めて


負けないようにしなきゃ。 



そうやって、思っているのは
自分だけで、


周りの人は、
そんなこと何も思ってない。 



一番の問題は、
周りの人を、
ジャッチしている自分。 



他人と自分を比べたって
良いことなんて一つもない。


だって、他人と自分は
全く別の生き物なんだから。


だから、ついつい
周りの人をジャッチしてしまう癖を直すこと。


人をジャッチしない。



意識を向けるのは、
他人じゃなくて、
自分自身。


自分は、本当に
コレをしたいの?

それとも、やりたくないの?


周りが、やりたいと思うことでも
自分が、やりたくないと思うのなら


そちらの気持ちを大切にしてあげる癖を
大切にすること。


それが、他人と自分を比べない
第一歩。

 

よろしければ読者登録をお願いいたします!