世の中には、毎日のように
体重計に乗らなくても
体重が変わらない人がいます。

そして、ギャル曽根のように
大食いでも、全然太らない人もいます。

■家計簿は「体重計」



私は、家計簿は「体重計」のようなものだなと
感じることがあります。


風呂上がりに体重計に乗る習慣があることで
体型の維持をする。

それと同じような感覚で
家計簿をつけることで
自分の適性支出を維持するような感じ。

■体脂肪計は、家計診断



IMG_5258


そして、「体脂肪計」も図れる
体重計の場合、
なんとなく家計診断と同じような感じがします。


体重がこれだけに対して
体脂肪率は、何パーセント。

それを知ることで、
私は隠れ肥満なんだと知ることができたり
意外と筋肉質なんだと知ることができます。

それと同じように、
家計診断でメリハリのある家計だなとかを
知ることができます。

■体重計に乗るだけでは・・



ただ、体重計に乗るだけでは
痩せることはありません。


その結果を知って
食べる量を調整したり
運動したりすることで
体重が変わったり
体型が変わります。

■自己管理



毎日、体重計に乗らなくても
体型維持ができる。

毎月、家計簿をつけなくても
家計管理ができる。

そういう自己管理ができる人は、
家計簿は時間の無駄というものです。

ただ、1ヶ月、体重計に乗らないで
3キロ増!!

(どうしましょう!)

そうなってからの3キロ減は
とっても大変なこと。


■後で悲鳴を上げないために



体重計に乗らなくても、
家計簿をつけなくても、
普通に生活することはできます。

ただ、何となく生活しているのと、
今の体重や家計を知っているかの違い。

洋服屋さんで、とっても素敵な服を見つけたけど、
太りすぎて入らないのと、
将来、やりたいことが見つかっても、
お金がなくて諦めるのが似ているなと。

私は、自己管理が苦手なタイプだからこそ、
現状を把握していた方が合っているんだろうなと。

将来、イメージした自分になるために。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




よろしければ読者登録をお願いいたします!