image


メッセージ、ありがとうございます!


先日、書いた記事、





この記事の中で、
家計をコンパクトにしよう作戦で
保険も小さく!


この部分で
メッセージを頂けたかと思います。


というかですね・・


10年前の我が家の家計は
本当に、100点満点中
−150点みたいな・・


本当に、ひどい有様でして・・


保険1つとっても、


独身時代の旦那が
保険屋さんに言われるがままに加入していて、


月11,000円ほどの
死亡&医療保険と、


職場の格安死亡保険にも満口加入。


さらに、職場の格安
死亡&医療保険にも満口加入。


めっちゃ健康な33歳なのに
死亡したら2億5000万円も保険金が出るみたいな・・


医療保険も、
過剰なまでの手厚さ。。


だから、保険料も
月2万5000円という高額・・


私も、月5000円の保険に加入していて・・


毎月、自動的に
保険料だけで3万円天引きという・・


マジで無駄。


今、考えると
本当に、お恥ずかしい。


それを、


旦那の死亡保険を、5000万円くらいまで
コンパクトにして、


医療保険も、最低限。


それを、民間の保険ではなく
職場の格安保険に、ひとまとめ。 


保険料は、掛け捨てではあるけど
2人合わせても5000円ほど。


この作業をした事で、


毎月の保険料が3万円から5000円になり。
毎月2万5000円のプラス。


結婚当初は、本当に
無知の極みで、


本当に、カモられていました。


この頃、情報弱者は
マジでヤバいと感じました。


■極論、自動車保険以外は必要ない。



保険をコンパクトにしてからも
保険については勉強を続け、


極論、自動車保険以外は
必要はないと、本音では思っています。


どういうことかというと・・


保険というのは、
神ではなく、


ピンチの時に
保険金が出るというだけのシステム。


10日入院したところで出る保険金は
10万円とか、20万円。


そんなもん。


それだったら、極論
それだけの貯金があれば
問題ないというね。


さらに、医療費は、月10万円とか超えたら
あとで申請すれば戻ってくるシステム。


旦那が死亡したとしても
遺族年金とかあるから、


生活をコンパクトにして暮らせば
そんなに恐れる必要もない。


ただ、自動車に乗っている場合は
最悪、億単位のお金が必要になるから


車に乗るのであれば
自動車保険は、必須だなと感じます。



■保険は最低限。



それでも、掛け捨ての保険に
入り続けるのは、


旦那が、入りたいと言うから。


もし、何かが起こった時
ハピコたちに苦労をかけたくない。


そんな話し合いがあったので
今でも、保険に入っています。


保険って、不安という理由だけで
言われるがままに加入したら
あまり良くないなと。


今の、日本のシステムも理解した上で
バランス良く、足りないところだけ
掛け捨てで。



と、思っています。



▽人気ブログランキング▽

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


▽ご質問・メッセージは、こちらからどうぞ!▽


 

よろしければ読者登録をお願いいたします!