昔、テレビで、何という番組だったか
忘れたのですが、
お金持ちの人が多い国に住んでいる
日本人を取材していました。


日本人は、ごく普通のサラリーマンの家庭で
旦那さんの仕事の関係で
仕方なく、その国に住んでいるようでした。

■お金持ちと遊ぶ娘



その家庭には、高校生の娘がいて
学校の友達は、お金持ちばかり。

なので、その娘の誕生日パーティーということで
そのお金持ちの友達は、
クルーザーを準備して
豪華パーティーをしてくれていました。

娘も、とても楽しそうにしていて
これが、お金持ちの世界なんだなという感じ。


■お金持ちと遊ぶなという母



そんな様子の娘を思って
母は、娘にこんなことを言います。

「あなたは、お金持ちの子じゃない。
そんな贅沢を覚えてしまったら
将来困るから、お金持ちの子と遊んではいけない」


あなたのことを思って言っているのよ。
そんな感じで、
それを聞いている娘は、
あまりのショックという感じ。

■苦労しないとお金は入らない



貧乏な人は、親から
「あなたは、苦労しないとお金が入らない」
教育されて成長します。

でも、お金持ちの人は、親から
投資のやり方やビジネスのやり方を
教わり、
「あなたは、お金に困ることはない」
教育されて成長します。

■親の信じていること



そして、それを言っている親は、
親自身が、そう思っているから
本当に、そう思っているから
子供にも、そう教えるのです。

貧乏な親は、
「私は、苦労しないとお金が入らない」

そして、お金持ちの親は、
「私は、お金に困ることはない」

そう信じているから、
現実でも、それが実現しているのです。

■思考は現実になる



「苦労しないとお金が入らない」

そんな風に言われて育った子供は、
良い成績をとり、良い学校に行き
良い会社に入って、沢山残業をして
どんなに辛くても会社にしがみつきます。

「お金に困ることはない」

そんな風に言われて育った子供は、
投資やビジネスのやり方を教わり、
お金は勝手に入ってくるようになります。

■自分の「存在」には価値がある



心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本
こんなことが書いてあります。

お金持ち、とくに遊んで暮らしているお金持ちは、
よく働いているからではなく、
信じていることが違います。

つまり、自分の「存在」は価値がある
無条件に信じています。




■<まとめ>まずは、親である自分から



私は、心屋さんの本を読んで
子育てで一番大切なことは、
まずは、親である自分自身が
毎日が楽しくて、ご機嫌でいること。


そして、自分には価値があって
「お金に困ることはない」
心から思うこと。

それが、実際に、自分自身が
お金が困らない世界になって、
そんな親から育てられた子供も
そういう思考になって
いつもご機嫌な自分でいられるようになるのです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」




ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!