100円ショップに、
私は、これまで
どのくらいお世話になったことだろう。


一人暮らしを始めた時は、
まず「100円ショップ」に行きました。

そして、キッチングッズ、バスグッズは
ほぼ100円ショップで揃えました。

■1つ100円



貯金がなかった時は
1つ100円であっても
いくつも買っていると
何となく高い気がしていたのですが・・

よく考えてみると
100円って、コンビニの1杯100円のコーヒーと
同じ値段なんですよね。


1杯100円のコーヒーは
10分ほどで飲めてしまえるのに
100円ショップで買った
キッチングッズは
もう何年も、私を幸せにしてくれた。


■100円ありがとう



そう思うと
100円ショップで買ったグッズたちは
もう十分と言っていいくらいだなと。

どうせ、
これは100円ショップで買ったものだし。


そんな風に思うのか。

100円ショップで
100円で買ったものなのに
一定の時間、幸せにして貰ったなぁと思うのか。


どう思うのかで
随分と違うものなんだなと感じます。

■100円ショップとの付き合い方



昔は、100円ショップマストだったけど、
最近、100円ショップに感じるのは、

一定の時間、
私を幸せにしてくれる。


そう思うと
ありがたい存在だなと感じます。

■一生もの



もちろん、100円ショップに
「一生もの」はありません。

でも、その代わり
100円という価格で
一定の時間、幸せにしてくれる力があります。


■まとめ<上手に付き合う>



最近、私が100円ショップに感じるのは、

・使い捨てとか
・一定の時間、幸せにしてくれるとか


そんな感じで、割り切って
上手に取り入れたら良いと感じています。

100円ショップに行くと
ついつい、あれも素敵
これも素敵となり、家中に100円ショップのもので
溢れてしまいがちです。

そして、そうそう壊れたりしないから
捨てられない。

でも、もう既に一定の時間
幸せにしてもらったって思うと
感謝の気持ちが湧いて
「ありがとうね」という気持ちで
すんなり手放せるなと感じます。


▽いつも応援ポチありがとうございます▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!