LINEに、メッセージいただきました♡


FullSizeRender
FullSizeRender

ごめんなさい!
私も、色々検索してみたけど


どの記事か分かりませんでした(汗)


ただ、メッセージを読んで
ブログを始める前の私を思い出したので、


そんなことを書いてみたいなと。


72de1239-s


今でこそ、スッキリしている部屋ですが、
私も、こうなるまでに
色々なステップがありました。

■セミダブルベッド



私が、新婚の時には、
まだセミダブルベッドを使っていました。


当時は、ベッドで寝るのが当たり前だと思っていて
6畳の和室に、かなり無理して
セミダブルベッドを置いていました。


でも、そうなると、
その6畳の部屋は
なかなか窮屈な感じに。


更に、その頃、妊娠が分かって
こんな小さなベッドに


赤ちゃんと、大人2人なんて無理だし
赤ちゃんがベッドから落ちたりなんてしたら・・





↑ブログを始めて間もない頃の
6畳の和室。


この和室にセミダブルベッドを
置いていたことがあるんです。
 

当時は、ベッドが
モノというモノを吸着しているんではなかろうかと思うくらい


ベッド以外にも、モノが沢山ありました。


でも、 そんなに広くもない部屋に
ベッドは必要ない!


そう決めてベッドを処分することに。


その時、自分たちで大物家具を捨てることができなくて
業者さんを呼ぶことに。


そして、せっかくだったら
他の色々なものも一緒に引き取ってもらおうと思って


部屋中のモノというモノを
もう1つの6畳(当時使っていなかった)の部屋に 
どんどん溜めていきました。


カビの生えたカーテンやら、
使っていない小さな家具やら、
使っていない布団やら、
着ていない服やら、


そんなものを、どんどんその部屋に集めた結果、
本当に、おぞましい光景が広がっていました。


■恥ずかしい



お金を支払って、引き取ってもらうとは言え
こんな汚らしい部屋に業者さんを
招き入れることは、一瞬、躊躇しました。


でも、もうお願いして
引き取りしてもらう日時も決めてしまっています。 


そして、その約束の時間になると
「ピンポーン」作業着を着た男性が3人ほど。


そして、そのゴミでいっぱいの部屋に入ってきて
さっさと、全てのゴミを搬出。


その時間、わずか10分ほど。


ほんと、あっという間の時間でした。


そして、ゴミの重量を計測して
料金を支払うと、
業者さん達は、さっさと帰っていきました。 


■ガラーンの6畳 



業者さん達が帰った後、
私の目の前には、ガラーンとした6畳が広がっていました。


そして、私の心の中には、
晴れ晴れとした
清々しい感情で広がっていきました。


大量の要らないモノが
一瞬で綺麗になって、


私は、やっぱりお金って偉大だなぁと感じました。


だって、私一人だったら
ここまで、サッサと幸せになることは出来ません。


それは、ゴミ処理のプロがいたから。


私一人だったら、まだ
えっちらおっちら、ゴミ捨てに追われています。


■お金で幸せになる


頂いたメッセージで
散らかった部屋を、業者さんに見せることに
とても躊躇されているようでしたが、


あちらもプロ。


そういう散らかった部屋があるからこそ
仕事があるんだと感じます。


そして、そういう散らかった部屋は
日常茶飯事で見ていると思いますよ。


私が依頼した業者さんも
入ってくるなり


「処分されるものは、どちらですか?」って聞いて
流れ作業のごとく、サッサと作業をしていました。


ほんと、あんなに心配したのが
バカらしく感じます^^


私の過去の経験が
何かの後押しになれば嬉しいです。


そして、お金で解決できることがあれば
使っても良いと思いますよ♡


▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


よろしければ読者登録をお願いいたします!


よろしければ読者登録をお願いいたします!