「死んでも床にモノを置かない」という本に
こんなことが書いてあります。


  片づけができる人の多くは、「後でやろう」をしません。  

生活しにくいな、使いにくいな、散らかるな、と感じたとき、

片づけられる人は、どう対処したらいいかを後回しにせず、
しっかりと考えます。

その場その場で、何をすればいいかを考え、
対処していきます。

「後でやろう」という選択をした瞬間、
多くのものが後回しになり、
のちのちやるべきことが雪だるま式に増えていくからです。


 



それに対して、片付けで悩む方の多くは、
「モノの置き場所を決められない(決めていない)」という人。


■決めてない&後回し



結局、部屋が散らかっている人は、

・モノの住所が決まってないか 

・決まってても、いつも後回しにしている


掃除も、食器洗いも、
洗濯も、


やることが、いっぱい。


だから、後回しにしておこう。


■どうすれば楽になるか?


まれに、行動量が、半端なく多い人は、
難なく、家事の全てをこなすことができます。


だけど、そうでない人は
どうすれば楽になるのか考えています。


例えば、洗濯を干さなくても良くて
取り込まなくてよくなれば‥


食洗機があって、
食器を洗わないで良ければ


ブラーバや、ルンバがあって
掃除をしなくて良くなれば
 

家事の量は、減らそうと思えば
減らすことができる時代です。


■動きが早いか、やることが少ない



せっかちで、タッタか
物事を進めることができるタイプか、


日々のやるべきことを
最小限にしているタイプか。


ちなみに、私は、
のんびりタイプなので


日々のやるべきことを
最小限にしているタイプです。


■後回しにしない



IMG_4461


後回しにしない。


というか、自分ができる範囲を知り、
それ以上を頑張らないで良い環境を作る。


そのために、手放したり、
家電に頼ったり、家族に頼ったりする。


それが、手っ取り早く
片付けられる人になれるんだと感じます。


▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


よろしければ読者登録をお願いいたします!


よろしければ読者登録をお願いいたします!