先日、「世界ゴミ屋敷バスターズ」という
番組がありました。

ゴミ屋敷は、日本だけでなく
世界中に存在しています。

それを、日本の清掃業者が
綺麗にしていくという趣旨の番組でした。


■部屋のモノは商品だと信じている「おばあちゃん」



IMG_0917-1


私は、この番組の中で
ゴミ屋敷に住んでいる
メキシコのおばあちゃんが
一番印象に残りました。

IMG_0918-1


おばあちゃんの名前は「マリア」
そして、マリアの部屋は
大量の服で覆い尽くされていました。


IMG_0918-1


そして、ここにあるのは、
全部売り物だと思っているのです。


IMG_0919-1


■不要品は、いつか売れるのか!?



IMG_0920-1


マリアは、10年前から
引越しの不要品を回収し続けた結果、
部屋中がモノで溢れていきました。

IMG_0921-1


ある部屋は、ポリ袋に入れられた服が
天井まで積まれていました。

IMG_0922-1


そして、リビングも
モノで溢れていました。

IMG_0922-1


IMG_0923-1


■120万円の価値があるのか!?



IMG_0924-1


しかし、ゴミ屋敷のため
大好きな孫たちが、
マリアの部屋に寄り付かないため
集めてきた商品を
全部リサイクルショップで売ることを決断。


IMG_0925-1


そして、「幾らで売れると思いますか?」という質問に
「120万円いくと思う」と自信満々。

IMG_0926-1


そして、部屋から出てきた
ポリ袋は490袋にもなりました。

■査定結果。



そして、意気揚々として向かった
リサイクルショップで、
序盤は、木製の机や自転車が
高額で買取されたものの・・

IMG_0927-1


大量にあった服は、
1枚も買取してもらえず、
査定結果は、全部で「1万2000円」


IMG_0928-1


これを聞いたマリアは、
「ものスゴく低い」と
ショックを受けます。


IMG_0929-1


IMG_0930-1


IMG_0931-1


■使用品は、一気に価値が下がるんだよね。



私も、一番最初に
大量にあった服を
リサイクルショップに売りに行った時の
査定額の低さに、
正直ショックを受けたことがあります。

だから、マリアの気持ちは
何となく分かります。

1000円で買った服は、
今でも1000円の価値がある
そんな気持ちがするのです。

でも、実際には、ブランド服ならまだしも
ノーブランドの服は、
一度でも使用すると一気に価値が下がります。


■モノは「使い切るが一番得」



だからね、私は、
モノは「使い切る」ことが
一番お得なんだと思っています。


よほどのプレミアのモノを除いて
やっぱり、一度でも使用すると
普通「評価額が一気に下がる」

私は、この数年間で
それを、痛いほど経験してきたので
買うからには、使い切る

そう思って、モノと接するようになったことで
昔より、「もったいない」の気持ちより
「ありがとう」の気持ちで
モノを手放せるようになったと感じます。


▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪




ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!