昔の私は、
「毎日、違う格好をしていなければならない」
そう思っていました。

1週間のうちで
同じ格好の日があろうものなら
それは、とても恥ずかしいこと。


今思うと、
なぜ、そう思っていたのか
よく分かりません。

■バリエーションの多さ



スカートも、パンツも
コンサバ系も、モード系も
ナチュラル系も、カジュアル系も
どんな格好にも対応できることが
素晴らしいことだ。

どうして、そう思ったのか・・

それは、おそらく
本屋さんや、美容室で
手当たり次第に雑誌を手に取り
読み漁っていたからだと思われます。


■大きな間違い



でも、これらの中に
大きな間違いが存在します。

それは・・

「同じような格好をしていること」は
恥ずかしいことではないということ。


むしろ、昨日と全く違うタイプの
服を着ていることの方が
「自分は、一体何者?」現象を引き起こします。

■クローゼットがヤバイ



昔の私の靴箱には、
ビルケンの隣に
綺麗めなハイヒールがある。

そして、森ガール風のワンピースの隣に
コンサバ系のスカートがある・・

これは、別に
オンとオフを使い分けているとかじゃなくて
私服の段階でこんな感じでした。

よくよく考えてみると
私は、一体何者だったのでしょう。

(スパイにでもなりたかったのでしょうか)

■いつも同じような格好をしている



森ガール風の格好をしていたかと思えば
翌日は、コンサバ系の格好をしている。
それも、普通の私生活において・・

こちらの方が、
どちらかと言えば
よく分からないんだなと。

「いつも違う格好をしているね」は
別に褒め言葉ではないんだなと。


■まとめ<スタイルを決める>



森ガール風とコンサバ系と・・
クローゼットの中に
色々なスタイルの服があるから
意味が分からなくなって
パンパンになります。


そして、服を着て出掛けようとすると
スタイルがグチャグチャだから
着ていく服がないーと
騒ぎ始めるのです。

(↑昔の私ね)

「いつも同じような格好をしているね」
これは、その人が
どんな人なのかが、よく分かって
むしろ、そちらの方がオシャレなのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!