私は2年程前に、
大型家具(ダイニングセット、ソファ、チェスト)を
一気に売却しました。



■本当は怖かった



ブログの記事では、結構サラリと書いていますが、
正直、ここに至るまで、
私の中で、相当な葛藤がありました。


気に入って買った家具だったし、
ダイニングセットに至っては、10万円くらいだったし・・

小心者の私は、
リサイクルショップに行って
買取に来てもらう予約をするのすら、
本当は怖かったのです。


■人生を変えたい



でも、その恐怖心よりも、
「私は、人生を変えていきたいんだ」

その気持ちの方が強かったのです。

なんというか、
部屋の面積に対して
モノの量が多い。

モノが多いから
管理することができない。

そして、これだけのモノを
これからも維持していくことに対して
私は、プレッシャーがあったのです。


■恐怖心の先にあったもの



「家具を手放す」

これは、私にとっては、
心がガクガクするくらい
恐ろしいことでした。

手放したい!
でも、手放したら
私は、どうなってしまうのだろう。

でも、実際に手放してみて感じたのは、
スッキリをした穏やかな気持ちでした。


■案外たいしたことではない



やっぱり「変わる」って勇気がいることです。

でも、家具を手放すのが
あんなに怖かったのに
実際にやってみると、
リサイクルショップの人が
30分ほどで積んで帰って行きました。

そして、家具がなくなっても
死ぬことはなかったし、
むしろ、家具の手入れをしないで良いので
とっても楽になりました。


■勇気が出ない場合



今、振り返って考えてみると
私は、服やモノを断捨離したり
家具を手放すことで
人生を変えていく勇気が出てきたように感じます。


生きていくには、
たくさんのモノがなければいけない。

そういう凝り固まった感情を手放すことで
もっと自由に生きていいんだ。


毎日、生活している部屋の様子を
自分で毎日体験することで
より感じるようになりました。

もし、人生の中で
これで良いんだろうか・・

「変えたいけど、変えられない」

そう思うなら、まずは手放すことから
始めると、価値観が変わっていくし
勇気が湧いてきますよ^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ





ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!