私は、貯金ほぼゼロの20代を過ごし、
お金って、「辛いもの」そんな印象でした。

でも、28歳の結婚を機に
改めて、お金と向き合うことで
自分で言うのもアレですが、
随分と、お金に対しての印象が
変わってきたと感じています。


そんな私ですが、
最近、私が私なりに気をつけていること。

それは、楽しくお金が貯まり続けていくことに
繋がっていくことなので、
ご紹介したいと思います。

■貯まる3つの秘訣



IMG_3584


その「私が最近気をつけていること」とは・・

1、失敗を素直に認める
2、「好き」を伸ばす
3、大丈夫なんだって分かる


■失敗を素直に認める



人間、生きていたら
失敗することなんて普通にあります。

・買い物の失敗
・料理の失敗
・仕事の失敗


その他にも、色々なことがあります。

昨日なんて、最近ゴミ箱が壊れたので、
ネットで1700円のゴミ箱を注文したら
近くのスーパーで、全く同じゴミ箱が
900円で売ってありました・・(ガーン)

こんな時は、旦那に素直に
「悲しいご報告がぁ〜」と言って
笑い話に変えています。

人間、失敗する生き物です。

自分が「失敗したなぁー」と思う出来事があったら
素直に認めて、その出来事に執着しないこと。

(次から気をつければいいだけ)

この繰り返しが、モノの溜め込みなども
改善して、お金が貯まりやすくなります。

■「好き」を伸ばす



昔は、苦手なことや
嫌なことも「やるべき」

それが正しいことだと
信じていました。

でも、苦手なことや嫌なことを
嫌々やったところで、自分も楽しくないし
出来栄えも、やっと平均点に届くかどうか・・

それだったら、好きなことをやる方が
自分も楽しいし、楽しんでやっていると
周りも喜ぶし、出来栄えも良いもの。


だから、自分の「好き」を伸ばす方が
大人になった今は、絶対にいいよね。

そして、そちらの方が、
喜ばれる=世の中のためになるわけです。

■大丈夫なんだって分かる



日本人って、なんかいつも心配してる人種だなと
感じることがあります。

いつも心配して警戒してないと
まるで、いつ自分の身に何が起こるか!?みたいな。

でも、日本って本当は豊かな国なんです。
人は優しい人が多いし、
四季があって地球の中では
随分と過ごしやすい地域だし
社会保障もしっかりしているし。


だから、私は、これまでギュッと握りしめた
手のひらを少しずつ緩めてみたんです。

そしたらね、「大丈夫」だったんですよ。

「大丈夫なんだって分かる」

これが分かると、
見える世界が違うんだなと。


■まとめ<世界は優しい>



お金がない頃って、何となく
世界は厳しいものだと思っていました。

でも、「預金通帳のお金」は自分のものであって、自分のものではない。って
記事にも書いたけど、
世界は、とても優しいものだと
分かるようになると、
自分の気持ちも優しくなって
生き方が変わっていくんだなと。




もっと、自分の気持ちに素直になる。

・失敗しちゃったテヘ。
・好きなことをやって喜んでもらいたい!
・みんな優しいんだなぁー


この世界観が、幸せで
お金も貯まっていく人生に繋がっていくのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」




よろしければ読者登録をお願いいたします!