贅沢しているつもりはないのに、
気づくと「お金がない」

10年前の私は、
よく、そんな風に思っていました。

どうして、贅沢しているつもりはないのに
「お金がない」のでしょうか。


私が、貯められない人から
貯められるようになった経緯から
感じることを、ご紹介したいと思います。

■「お金がない」3つの理由。



贅沢しているつもりはないのに
気づくと「お金がない」理由
それは・・

1、やっぱり使っていた
2、必要だと思い込んでいた
3、本当に欲しいものを我慢していた


■やっぱり使っていた



WX191DV28C


「贅沢しているつもりはない!」って
本気で昔は思っていました。

でもね、結婚して家計簿を
きちんと初めてつけて分かりました。

それは・・
使ってないと思ってたけど
「やっぱり使っていた」ということ。
(そりゃそうだ)

今まで、何となく使っていたお金。
それを全部集計してみて
初めて分かりました。

結構、ちょこちょこ使っているのね・・

私は、そこで初めて
自分の記憶なんて
曖昧なんだなぁと感じたのです。

■必要だと思い込んでいた



そして、その1つ1つに関して
じっくり考えてみたんですよ。


例えば、固定費の筆頭である保険とか
ローンの返済とか。

で、結局、保険のことを
自分なりに調べたら
必要以上に保険をかけすぎていたって
分かって解約したり・・

家計を物凄く圧迫していたローンを
早く返済することが何より大切だなーと感じてみたり・・
(そうすることで繰上げ返済をしたりしました)

他にも、美容費だったり、
コンタクトレンズだったり・・

<関連記事>


何となくお金を使っていると
「まあ、これくらい必要だよね」
そんな感じで、深く考えていなかったわけです。

でも、一度、自分にとって
「お金って何なんだ」って
真剣に考えることができたことは
良かったなと感じます。


■本当に欲しいものを我慢していた



そして、「特に贅沢していない」という感情の根本は
根底にある「節約」というか
「貧乏性」というか
そういう、お金をケチる精神が起こす行動が
引き起こすわけでして・・


中途半端に「節約意識」が働くものだから
「高いもの」と「安いもの」で迷った時
本当は「高いもの」が良いと思っていても
貧乏性が顔を現して
「安いもの」を選んでしまう。


これが、「特に贅沢していない」という感情を生むわけですが
これが、最終的には
贅沢しているつもりはないのに「お金がない」現象を
引き起こしていくわけです。


<詳細はこちら>


■まとめ<何となくをやめる>



貯まらない最大の原因は、
人生を「何となく」生きているから。

何となく「お金を使って」
何となく「みんなと同じように生きて」
何となく「我慢して」
何となく「流されている」


まあ、人生なんて
こんなもんだろう。

自分らしく生きるなんて
とうの昔から諦めている。

そういう「何となく」をやめよう。

私は「大切にされるべき存在」って
まずは自分が思うこと。


それが、お金の使い方にも反映されて
本当に必要なものや、欲しいものを買うようになる。


だから、気づけば
贅沢しているのに「お金が残っている」現実が
やってくるものなんだなと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!