「もっと、自分に優しくしようよ」

車を運転している時に
ふと、そういう言葉が降ってきて
心にじんわり。

ほんと、そうだなぁーと感じると
涙が出そうになりました。

■自分に塩対応



周りの人のことは、
とっても気になって
自分のことは差し置いて
優しく接してあげることはできる。

それなのに、いざ自分のことになると
急に塩対応。

「そのくらい我慢しなさいよ」

私は、自分に対して
どのくらい、こういう塩対応してきたか
分からないくらいやってきました。

■私は、これでいいの



人には、お金を使ってあげられるのに
いざ、自分のことになると
急にケチ。

「私は、これでいいの」

そうやって、自分には損得勘定で、
「いかに得か」
「いかに損をしないか」
に集中してしまう。

■もっと、自分に優しくしようよ



WGUON9IEVO


「その対応を他の人にもするか」
その私の答えは「絶対にしない」

それなのに、自分にはしてしまう。

「もっと、自分に優しくしようよ」

■自分の中の好き嫌い



この話も、先日の講演会で心屋さんが
話していたことなんだけど、
ほんと、そうだなぁーと感じました。



自分を満たしてあげるから
財布が満たされるんです。


そのためには、損得勘定じゃなくて
「自分の好き嫌い」を大切にすること。


■まとめ<選ぶこと>



「得か」「損か」で
物事を見るから、最終形が
ちぐはぐになってしまいます。

そうじゃなくて、自分の心に素直に
「好きか嫌い」だけで選ぶ。


そうすると、最終形が
「好き」に囲まれたものになります。

すると、自分の心が満たされて満足します。

それが、不要な物欲などを抑えてくれて
最終的には、心も財布も満たされた
現実がやってきてくれるのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!