昨日の記事↓


この記事でも、ちょっと書いたのですが、
手元にあるお金に対して
「これだけか」と感じるのか
「こんなにある」と感じるのかで
その後が、随分と変わるという話をしました。


■自分の収入



これは、自分の収入に対しても
同じようなことが言えます。

手取り20万円の収入を
「たったこれだけか」と感じるのか
「こんなにも貰えるの!」って思うのか


■こんなに少ない給料



独身時代から、新婚当初までの
ほとんど貯金ができていない頃
私は、収入が少ない、少ないと感じていました。

それだけ支出が多かったということもあるのですが
もっと給料が欲しい!欲しい!と思って
残業をたくさんしてみたり・・


それでも、やっぱり少ないし
足りない・・

そして、足りない、足りないと思うから
ますます足りない現実がやってきていました。


おそらく、あのままだったら
今でも、少ないし足りないと思っていました。

■こんなに貰える



あれから、生活を小さくしたことで
旦那の収入だけで生活できるようになり
私の収入は、そのまま貯蓄。

このシステムが出来上がった頃には、
私は、給料をもらうたびに
「こんなに貰えるんだ」と
嬉しいというか、感謝の気持ちが出るようになっていました。


当時は、手取りで15万円ほどで
独身時代からしたら、かなり少ないのに
ありがたいなぁと思っていました。

■ある木が育っていった



これは、たまたま私の
上手くいった出来事なのですが、
私は、このことで
これまでの負の連鎖から抜け出せたのです。

私は、この何年かの間で
どんどん「私にはお金がある」っていう木を
育てていったのです。


■まとめ<喜びは現実も変えていく>



それまで足りない、足りないと思っていた私。

でも、こんなに貰えるんだって
喜んでいたのは、
私にとって、とても良い転機となったのです。


今、考えてみると
もしかしたら、給料を現金手渡しで貰っていたことも
私の脳裏に強い影響をもたらしたのかもしれません。

「お金がある」

貧乏思考だった私にとっては
どんどん思考を変えてくれた時期だったと感じます。


▽いつも応援ポチありがとうございます▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!