先日、フォトグラファーの栗本恵里さんに
マネーフォワードをオススメしていたら
早速、ご愛用されているようで、
そのことを、昨日、記事に書いていただきました^^



そして、LINEでメッセージを交換していたところ
息子さんのお金の使い方の話になりました。


■友達におごってあげた息子さん



IMG_2564
IMG_2559
IMG_2560


■息子、神だよね



正直、私の小さかった時と
全く違う息子さんに対して
「これは、神?」
と思ってしまった。

どういうことかというと、
小3にして、既に
「お金がある」設定になってるって
幸せだよねーと。


■小1で1000円



私は、小学校1年の時に
月1000円の小遣いをもらっていました。

でも、私は、その時点で
1000円を少ないと感じていました。


小遣いをくれる母に対して
「これだけか」
口に出さないまでも
心の中で、そう思っていました。

■主な3つの理由



そう思っていた当時の私を
詳しく分析すると・・

1、欠乏感があった
2、思ったことを口に出さなかった
3、「お金がない」と信じていた


■欠乏感があった



私は、小学1年生の時点で
既に、欠乏感がありました。

どこか満たされない感じ。

なんか幸せじゃないなーという感じ。

心にポッカリ穴が空いているみたいな。


その得体の知れない感情を
小遣いで埋めようとしても
埋まるはずもなく・・

でも、当時は、そんなこと
分かるはずもなく、
小遣いが少ないと感じていました。

■思ったことを口に出さなかった



そして、当時から
思ったことは、全部自分の中に
閉じ込めていました。


それをすることで、
私は、周りに迷惑をかけてはいけない
私だけが我慢していればいい

そうやって、どんどん
自分を粗末なものにしていっていました。

■「お金がない」と信じていた



そして、両親の言動などで
なんとなく「お金がない」って
信じていたんです。


お金で苦しむ両親を見ると
お金って「辛いもの」なんだ。

そう思っていました。

■まとめ<お金に困らなくなる3つのポイント>



だから、お金に困らなくなるためには
この逆をすれば良いわけです。

<お金に困らなくなる3つのポイント>

1、心を満たしてあげる
2、思ったことを口に出す
3、「お金はある」と信じる


この3つのポイントは連動しています。

それは、心が満たされて
思ったことを口に出していれば
自然と、お金を無駄なことに使わなくなるから
無駄に減らずに、結構余るんです。


だから、自然と
「お金ってあるんだ」と思うようになって
現実も、そうなっていくんだなと。


冒頭の栗本恵里さんの息子さんの
今年の漢字が、いい感じで深いです。
読んでみてね!

家計簿アプリ『マネーフォワード』の感想と、息子の今年の漢字

小3で、この感覚があるって
とても良い傾向だなと感じるわけです。





よろしければ読者登録をお願いいたします!