その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか
こんなことが書いてあります。

収入が高いのに貯蓄がうまくいかない人の話を聞いていると 、
少額だと気にせず使ってしまうという人がとても多いです 。

しかし 、少額でも大金でも 、
「自分が価値を感じないものに対しては 、お金を払わない 」というのが非常に重要な指針です 。




■安いとハードルが下がる



収入が高かったのに
貯金がなかった独身時代。

まさに、こういうことを繰り返していたなぁと
感じました。

2500円のカットソー(洒落た長袖Tシャツ)とか、
「あら、安い」と手に取って
そのままレジへ。

だからと言って、そんなに思入れもないし
1度着て、着心地がちょっとでも気になると
そのままタンスの肥やし。


■このくらい良いや



これが、25000円だったら
話は一気に変わります。

「まず、無理」という感情が先回りして
どんなに気に入ろうと
買おうという選択はゼロになります。

2500円だったら、
自分の収入からして、
「このくらい良いや」
ポンポン買って

いつも頑張っているんだしという
訳の分からない言い訳をしていました。

■自分が感じる価値



・安かったら買う

・高かったら買わない


こういう基準で買い物をしていると
部屋の中にあるものが
どんどん、どうでも良いもので
溢れてしまいます。

買い物で一番大切な基準は
「自分が感じる価値」なのです。

■まとめ<お金の使い方の大切さ>



どんなに高収入でも
自分が価値を感じないものを買い続けていては
お金は出て行く一方です。

たとえ高くても、
買った後に長く、心がワクワクして
「買って良かったなぁ」と思うものに
お金を使えるようになることが
上手なお金の使い方なんだなと。








よろしければ読者登録をお願いいたします!