老後の資金には
3000万円必要だとか
1億円必要だとか
そんなこと見たり聞いたりしたことがあります。

その3000万円とか
1億円とか、その計算方法は
実現したい生活に対して
年金で足りない部分を現金で補おうというもの。


■足りない金額



85歳まで生きるとして
65歳から85歳までの20年間。

3000万円÷20年÷12ヶ月=12.5万円

1ヶ月=12.5万円

年金では足りない部分を
若いうちから貯めましょうというもの。

■老人は働かないのか?



この前提として、
定年になったら働かないという前提を感じるわけです。

でも、正直
それまで毎日、働いていた人が
ある日を境にパタリと仕事をしなくなると・・

最初の1ヶ月くらいは良いかもしれないけれど
何か物足りなさを感じるのではないのだろうか。

張り合いがないというか。

週に2日とか3日とか
ちょっとしたアルバイトをするだけで
刺激的になって、
小遣い程度の収入を得られるんじゃなかろうか。


■年5%の利息



昔は、銀行に預けておくだけで
年数%の利息がついたから、
昔の老人は、預金を預けておくだけで
裕福な生活をしていたわけです。

だからこそ、
私たちの世代も
年金+利息を受け取るシステムを
今のうちから作っておく方がいいと思うわけで。


■慣れていくために



でも、長らくの間
銀行預金しかなかった人にとっては
運用は未知の世界。

だからこそ、
若いうちから、経験を積んでおくって
大切だなと。


■まとめ<運用も含めて考える>



色々書いたけど、
言いたいことは、預金だけで
老後資金を、どうこうしようと考えるのではなくて

・定年退職しても
楽しく働けること。

・老後でも、運用して
利息を得られるシステムを作っておくこと。


そういうのが大切なんだなと。

私も、とりあえずの目標
年間30万円の利息を目指して
コツコツやっています。



焦らず、65歳まで
約30年。

それまでに、それなりの形になったらいいなと
思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!