給料日前、常にカツカツで
預金残高も、財布の中も
寂しい状態になるまで使っていた
独身時代の私。

そんな恥ずかしいこと
周りの人に言えるわけもなく・・

会社の同僚の子に
「ハピコも財形貯蓄やったらいいよー」

「めっちゃ簡単で
経理の子に言って書類を書くだけだったよー」

「それで、気づいたら
お金が貯まってるなんて良いよね!」

■先取り貯金



分かる。当時の同僚が
私に良かれと思って言ってくれたこと。


そして、その方法は、
貯金の習慣がない人にとっては
一番着実で確実な方法であるということ。

■できる気がしない



しかし、当時の私には
その方法は、あまりにもデンジャラスすぎた。


だって、毎月ギリギリまで
給料を使い尽くしていて
一体、自分が何に使ったのか・・

気づいたら、全部使ってしまっているんだから。

原因が自分でも分からないのに
入ってくる手取りを
今より減らしてしまうということは
死活問題に繋がるから。

まさに、マネーリテラシーが低すぎたわけです。

■無理すると、結局使う羽目に



こういうマネーリテラシーが低い
当時の私にとって先取り貯金なるものをしても

月末になると、案の定
お金が足りなくなって結局
その貯金に手を出す羽目に

(私の経験談)

もっとマネーリテラシーが低くなると
消費者金融に走ることも・・

■袋に穴が空いている



当時の私は、どうして
こんなにもお金がないのか

それは、一応、自分の中では
全部必要経費だと思っていて
自己投資だと思っていたわけです。


でも、お金に困るくらい
お金を使ってしまっているということは
やっぱり、何かが間違っている。

何を言いたいのかというと

袋にいっぱい穴が空いているのに
注ぐ水の量を変えることは
結構危険な可能性があるわけで・・


注ぐ水の量を変える前に
まずは、袋の穴を塞ぐことが先だということ。


■まとめ<まずは自力で立て直す>



毎月ギリギリだということは
収入に対して、支出が
とっ散らかっているから。


「全部必要な出費だ」
そう思っている支出の整理整頓をすること。

そのために、毎月の自分の支出を知って
分析して、改善すること。


これが先取り貯金より先に始めること。

そして、これが貯金のベースであるということなのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!