私は、マツコ・デラックスが好きで
マツコが出演する番組は
結構観ています。

先日、ホンマでっかTVを観ていて
かなり共感したマツコのコメント。

IMG_3563


学校なんて牢屋だと思っていた

私も、小学校の時から
じーっと席に座って
楽しくない毎日が苦痛でたまりませんでした。

■しなければならない



でも、日本では
子供は学校に通わなければならない。

勉強しなければならない。

満遍なく良い成績をとって
良い学校に行って
良い会社に入ることが素晴らしいこと。

別に誰かに言われたわけじゃないけど
それが正しい道なんだ。


そう思っていました。

■大人になったら



でも、マツコは、
大人になったら、この牢屋のような学校から
解放されると分かっていたそうです。


(ここが、私とマツコの違うところ)

だから、マツコは
卒業したら、自分の好きな道を歩み始めて
ちょっとおかしなことになっているけど
解放されたわけです。

一方、私は、大人になっても
良い労働者でいなければいけない。

楽しくなくて、辛くても
会社を辞めてはいけないと
長らくの間、信じていました。

■お金がない



そして、もう1つ
私を、がんじがらめにしていたことは、
「お金がない」ということ。


自分らしく生きたいと思っても
働かなければ、お金がありませんでした。

貯金が全くなかった私は、
まさにお金の奴隷と同じだったと感じます。

■お金がなくて一番ダメなパターン



お金が沢山あるからって
絶対に幸せというわけではありません。

(お金持ちでも不幸だと思えば不幸です)

ただ、お金がなくて一番ダメなパターンって

お金が原因で、やりたいと思うことが出来ないのが
生きていて一番辛いことなんだなと。

■まとめ<自分を生きるために>



私は、長らくの間
お金の使い方が下手くそすぎて
お金の奴隷のように生きていました。


自分の感情より
お金を優先させて生きていると

どんどん自分の本当の気持ちが
分からなくなってしまいます。

色々書いたけど、
何が言いたいのかって

お金がなくったって突然死んだりしないけれど
「お金がない」ということで
自分を生きられないって思ってしまうこと。


借金を返済するまでは
真っ当に働かなければいけない。

来月の家賃を支払うために
このまま働き続けなければいけない。

そうやって、自分を生きられないのが
一番悲しいパターン。

そういう思考から抜け出すためにも
ある程度の貯金は必要なのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!