貯めては減り、
貯めては減り・・


だから、永遠に貯蓄が
増えない。

家計管理初心者が陥りやすい現象です。

■年間で考える



この現象を解消するには
前にも記事に書いたことがあるのですが、
家計管理は、1ヶ月単位で見るのではなく
1年単位の方が、管理がしやすくなります。


<関連記事>


■1ヶ月単位



スクリーンショット 2018-07-20 11.18.05


ちなみに、我が家は、
旦那の手取りで、普段の生活が収まるように
1ヶ月の家計管理をしています。

そして、私の収入と旦那のボーナスは
1ヶ月の収支に影響がないようにしています。

■特別費



でもね、私は思うのです。

1ヶ月の収支はプラスのはずなのに
お金が貯まらないのは、
特別費を甘く見ているから。

ちなみに、我が家の年間特別費は
こんな感じ。

スクリーンショット 2018-07-20 09.53.56


特別費だけで100万円近くあるんです!

■固定費も要注意



そして、固定費と生活費は
こんな感じ。

スクリーンショット 2018-07-20 09.52.33


こうやって集計してみると
分かることなんだけど

家計で一番ウェイトを占めるのは
固定費だということ。

もし、家賃が10万円なら
我が家は、単純に固定費が
年間で100万円アップします。

ほんと、家計管理は
ちょっとしたさじ加減で
ずいぶん変わるものなんですよね。


■まとめ<貯まる家計管理>



私は、家計簿をつけ始めて
溜まったデータを分析することが
結構好きなんですよね。

それで、結構気づくことがあるんです。

・固定費、めっちゃ高っ!とか
・特別費ヤバくない?とか
・変動費(生活費)って案外、
致命的なダメージ少ないんだ・・とか

それで、全体的なバランスを見て
うちは、この費用は抑えてもストレスにならないなとか
この費用は、削れないなとか。

そうやって、自分にあった
お金の分配をすること。

年間の予算って、まるで
地図みたいだなって感じるんです。


だって、目的地に行くまでに
地図がないと、たどり着くのが大変じゃないですが

でも、年間の予算が分かることで
大体の現在地が分かるみたいな。


そういうのを知ってるってことが
貯まりやすい家計管理なのです。



よろしければ読者登録をお願いいたします!