独身時代、全く貯金ができなかった私。

その大きな理由は、

1、会社員である場合、それは明日も元気に
出勤できる経費だから。

2、自分の身の丈を勘違いしていたから

3、お金の使い方が下手くそだから。


このことは、過去に記事にもしました。


■父との電話



その中でも
お金の使い方が下手くそ
これが、根っこに流れています。

私は、どうしても
お金の使い方が根底から上手ではありません。

だから、これまでに沢山の失敗もしてきたわけで・・

ところで、私は、どうして
こんなにもお金の使い方が下手くそなんだろう。


それが、昨日、父と電話をかけていて
やっと理由が分かりました。

■車の買い替えの話



昨日、実家に電話をかけたのですが、
世間話から、最近、車を買い替えた話をしたんです。

<関連記事>


電話で、父に

「あのね、車、買い替えたんだ」

そんな話を切り出しました。

すると、父は、

「そうかー。いくらだったのか?」
聞いてきたので

「新古車で280万円くらいだったよ。
もう一括現金で支払ってしまったけどね」


そんな風に話したら

「ハピコは金持ちだなー、
ところで、しっかり値引き交渉はしたのか?」


「すぐ買おうとしたんじゃないだろうな。
一度は、やっぱり買わない。
もし買って欲しいなら、もう少し安くしろと
ちゃんと言ったのか?」


それを聞いた私は、

「ちゃんと、安くして下さいって
旦那と言った」
と伝えました。

■金銭感覚



そんな話を済ませて
電話を切った後に、
私の中に流れる金銭感覚は、
両親による影響が大きいんだと感じました。

私の父は、
モノを買っても良いが
最安値でなければいけない。


そういう金銭感覚で

私の母は、
おそらく280万円で車を買ったと言ったら
「またー、そんな高い車を買って!」
そんな風に言うタイプで、
高いモノは「悪」みたいな印象がある。

■幼い頃からの習慣



そういう両親に育てられた私は、
自分に対して高いモノを買うのは
悪いこと。


そういう位置付けになっているんだと気付きました。

そして、高いモノを買ったら
両親に怒られる。

そんな感じがするから
高いってだけで、
手がガタガタ震える感覚があるんだなと感じました。

■まとめ<親は親>



で、何が言いたいかというと、
私は、知らず知らずのうちに
両親の金銭感覚の中で生きてきて
それが当たり前だと思って生きてきたということが
分かったということ。

だけど、それは、両親の金銭感覚であって
もう成人もした私にとっては
関係のないことなんだよねと。


親は、親であって
だからと言って、
同じである必要はないんだ。

人は、人。
自分は、自分。


その人は、そういう金銭感覚かもしれないけど
私は、そういう金銭感覚は嫌だ。

人は、いつからでも変わることができるんだ。

※私の中に流れる根底の金銭感覚の話でした。
でも、私は、自分の道を進んでいこうと思うわけです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!