昨日の記事で
私の金銭感覚が、どうして高いモノを
「悪」と感じるようになったのか・・


高いモノを買おうとすると
ドキドキ、ソワソワして
手が震えそうな感覚になるのかを書きました。

<昨日の記事はコレね↓>


■親の金銭感覚



昨日の記事では、親の金銭感覚を
幼い時から敏感に感じ取り

「高いものは、買ったらいけない」
そういう思考回路になるんだと気づいた
そんなことを書きました。

でもね、実は、旦那のお母さんも
私のお母さんと同じように
高いものを買ったら怒るというか
「そんな高い車を買って!」

そんなことを言う感じの方なのです。

■旦那の金銭感覚



だから、旦那も幼い時から
そういう親の金銭感覚は知っていて
理解していたにも関わらず、
ちゃんと高いものを買うんですよね。

で、どうして、
旦那は、親の金銭感覚に引っ張られないで
独自の金銭感覚を持つことができたのか

聞いてみました。

すると、旦那は
こんなことを言っていました。



親が、どう思おうが
そんなのオレには全く関係ないからね



どういう意味?



と聞いてみたら・・

そのままだよ。
親が、どんな考え方で
どんな金銭感覚だろうと
そんなのオレには全く関係ない。

オレは、高くても欲しいと思ったら買うし
欲しくないと思ったら買わない。


ただ、それだけだよ



■自分の問題



私は、それを聞いた時
確かに、生まれ育った環境も
金銭感覚に大きな影響を与えるけれど、

それ以上に、その人が持つマインドというか
考え方も、とても大きな要因なんだと気付きました。


だって、旦那も私も
同じような親に育てられたにも関わらず

金銭感覚が、こんなにも違うのは
やはり、その人が持つ
考え方が、とても大きな影響があるんだなと。


結局、
自分の問題なんだなと。


■まとめ<環境のせいにしない>



・親がこうだったから
・環境がこうだったら
・時代がこうだったから


それを言い訳にして
だから、自分は、こうなんだ・・

それは違うんだということ。

環境がどんなものだったとしても
その中で、自分は、どう考え
どう行動したのか


そちらの方が、ずっと大切なことなんだなと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!