お金の使い方の上手さには
レベルがあります。


以前にも記事に書いたのですが・・

1、資金が潤沢で増やす力もあるし
稼ぐ力のある人たちのステージ。
(俗に言うお金持ち)

2、負債(ローンなど)がなくて
順調に資産をコツコツ増やせる人たちのステージ。

3、負債(ローンなど)はあるけど
生活に困らない人たちのステージ。

4、負債(ローンなど)があって
生活に困っている人たちのステージ。


<関連記事>


■あえての借金



この中で、1番目の
俗に言うお金持ちたちは
あえて借金をすることがあります。

それは、借金の利率よりも
大幅にお金を増やすことができるから。

例えば・・
銀行から年利2%で
100万円を借りたとします。

この場合、1年後102万円の返済をする必要があるわけですが、
お金持ちの人たちは、
100万円を102万円以上にする自信があるんです。

例えば、100万円を1年後
110万円にすることができれば

110万円ー102万円=8万円

100万円を元手に
プラス8万円を手に入れることができる。
それがお金持ちたちの考えと行動なのです。


■お金が増えない借金



お金持ちの人たちの考えは
基本的に、一般庶民とは
全く別の次元に存在しています。

それに対して、
一般庶民の借金(ローン)は、
基本的に、お金を増やすことがありません。

・純粋に住むための家
・純粋に生活するための車
・純粋に楽しむための家電(スマホなど)


これらをローンを組んで
手に入れることは、
お金を増やす行為ではなく
消費するための行為なのです。

■ローンか、現金か



我が家は、先日
旦那の車を買い替えました。

その際、かかった費用は280万円。

私は、その支払いを
・現金一括にするか
・ローンを組むか
迷いました。

でも、販売会社のローン利率が9.9%と聞いて
現金一括にしました。
(銀行に行って手続きするのも面倒)

もし、利率が2%以内だったら
もしかしたら、ローンを組んでいたかもしれません。

それは、私は、年5%くらいだったら
お金を増やす自信があるから。

■支出の痛み



そんな紆余曲折もありましたが
サクッと現金一括で支払いをして
結果として、これはこれで良かったと思っています。


それは、手に入れたいと思った車と引き換えに
支出の痛みを、ちゃんと味わったから。

後悔をしているというわけではなく
ごっそり減った預金残高を見て
また、頑張ろうと思えるから。

■まとめ<ローンを組むなら増やす自信が必要>



一度ローンを組むと
毎月の固定費として支出が増えます。

そうなると、家計は一気に
苦しくなり、仕事を辞めたいと思っても
なかなか、それができない。

そんな人生になってしまいます。

だからと言って、ローンが完全にダメだというわけではなく
ローンを組んでまで手に入れるのであれば
それ以上のプラスが見込めるものなのか・・

はたまた、お金を借りたおかげで
それ以上にお金を増やすことができるのか・・

そういう広い視野で
お金を考えるって大切なことだなと。





よろしければ読者登録をお願いいたします!