質問いただきました!

学生です。
最近、アルバイトのお金を使って株式や投資信託に使っているのですが、
家族や恋人から理解が得られません。

特に母親は投資には反対されます。
どうやって話したら良いでしょうか?
貯金=投信という感覚でメリットがあることを説明したいです


質問、ありがとう!

■反対する理由



まず、家族や恋人から
理解が得られない理由なのですが、

それは、質問者さまのことを
心から心配してくれているからなんですよね。

テレビをつければ
・投資詐欺で逮捕とか
・ビットコインでお金が消えたとか

そんな恐ろしい目に
大切な子供や恋人が遭わないで欲しいと思って
本当に、良かれと思って言ってくれているんですよね。


■未知の世界



それに、家族や恋人は、
実際に、投資をしたことがないんだと思います。

または、やったことがあるけど
失敗してしまったとか。

だから、そんな訳のわからないものに
手を出して欲しくないんですよね。

質問者さまからしたら、
もう!やりたいって思っているのに
なんで、やらせてくれないんだ!

っていうのに対して、

周りは、心からの愛情で
止めておきなさいって言ってくれているんです。


■愛情を受け取る



だから、まずは、
本当に心配してくれて
ありがとうね。
っていう気持ちを
ベースに話をした方が
和解への道に進んでいきます。

「愛情」の部分だけ受け取って、
それでも、やりたいと思うことは
やっぱり、やってみた方が
後々、後悔が残りません。

■貯金=投信



私自身も、投資信託は、
積立貯金の感覚でやっています。

でもね、やっぱり、そこは投資なので
日々、評価額は変動していきます。

で、やっぱり、セゾン投信を始めた1年目は
乱高下して、マイナス評価になったり
プラス評価になったりしました。

最近、やっと4年目にして
安定してプラス評価になっているのですが、
やはり、投信は、
気長に、待たなければならないという
デメリットがあるんですよね。

でも、昨日の記事でも書いたように
緩やかだけど
確実に世界の経済は伸びていくんです。


だから、目先の話ではなく
10年、20年先の話をしているということは
しっかり伝えたほうが良いと感じます。

■まとめ<少額から始めてみる>



色々書いたけど、
まだ学生さんとのことなので
アルバイトのお金を全額投資に
注ぎ込まない方が、個人的には良いかなとも感じます。

投資は、上手いこといっても
年5%増えたら上出来。

10万円なら、1年で5000円。
100万円なら、1年で5万円。


たしかに、投資も
とても素晴らしいことなんだけど

例えば、1000円の素晴らしい本と出会って
10万円の効果が出るかもしれません。


そうなると、
投資は足元にも及びません。

何を言いたいかというと
最大で最高にコスパの良い投資先は、
自分だということも忘れないで欲しいということ。

経験として投資も
若い頃からやるのは、とても良いことなので
アルバイトのお金の1割とか2割を
毎月積み立てて、どういう気持ちになるのかの
練習も、とても良いことだと感じます。

狭い視野ではなく、
広い視野で、世界を見渡して


根を詰めない程度で
投資の勉強も、少しやってみたいんだと
言ってみては、どうかなと感じます。





よろしければ読者登録をお願いいたします!