先日、
「世界の年収400マン」という番組がありました。


その番組の最後に紹介された
ある島の暮らしぶりが
とても考えさせられるものでした。


その島というのは・・


FullSizeRender


カオハガン島という
小さな島で、



FullSizeRender

 
その島に住んでいる大工さんの年収は、
20万円ほど。


それでも、その男性は
こんな風に言います。


FullSizeRender


たくさんはいらない。
生活できれば十分だ。


FullSizeRender


この島には、冷蔵庫は無く


FullSizeRender


電気は自家発電で
夕方5時から、夜11時まで使用可能。


FullSizeRender
 

冷蔵庫がないため
釣った魚は、その日に食べる。


FullSizeRender


たくさん捕れれば、
みんなで分ける。

冷蔵庫が無いからこそ
分け合う精神が生まれるのだそう。


FullSizeRender


そこには、
豊かな海の自然があって、
人間らしい暮らしがありました。


裕福で、きらびやかな生活を
楽しんでいる人もいれば、


穏やかに、のんびり暮らしている人も
世界にはいます。


どっちが良くて、
どっちがダメというわけではなくて、


どっちも素敵だねと思うわけです。


一番、良くないと感じるのは、
お金が原因で、
自分が、好きなように生きられないことだなと
私は、思います。




▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ





よろしければ読者登録をお願いいたします!