私が、28歳で入籍して
旦那と一緒に暮らし始めた時、


旦那の手取りは、18万円くらい
私の手取りは、17万円くらい


二人合わせて、35万円くらいでした。


35万円もあれば、
十分じゃないかと思っていたのですが、
現実は、


・家賃:5万円
・車のローン:2.5万円
・奨学金返済:1.6万円
・旦那の小遣い:4万円(旦那に渡す)
・ガソリン代:2万円(旦那に渡す)

ここまでで、15.1万円。


ここから、

・食費
・光熱費
・通信費
・私の小遣い

こんな感じだったけど、


私としては、
私が、もし働けなくなったら
我が家は、やっていけない。。


ここからのスタートでした。


なので、私がやったことは、
全てのお金の出入りを記録しました。


どんなに精神論を
語ったところで、
物理的に、無理なものは無理なんだと思ったわけです。
 

家賃は、旦那の転勤のタイミングで
民間の賃貸ではなく、
多少不自由でも、旦那の職場の団地が
金銭的に楽になるという理由で決めたり、 


お金を貯めて
車のローンと奨学金を
一括返済したり、 


旦那の給料明細の内訳を
色々調べて、無駄に支払っていた保険を解約して
手取りを増やしたり、


そんなことをコツコツ積み重ねて


旦那の手取り:20万円
私の手取り:15万円


毎月の支出:20万円

こんな家計に変貌していきました。


ココまで来ると、
私が、突然働くなっても大丈夫だし、


普通に生活していても
私の手取り15万円が
そのまま手元に残るという生活になっていきました。 


お金の不安から解放されるには
精神論も大切だけど、


自分で出来る範囲の物理的な行動は
やっぱり大切だなと。


この時期の期間と行動があったからこそ、
お金から、随分解放されたなと感じます。



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 



よろしければ読者登録をお願いいたします!