このブログを始めた頃は、


毎年、何百万円を貯めたら・・


○年後には、何千万円になって・・


だから、そのためには、
毎月、何十万円を貯めたら良くて・・


そして、それを年利○%で運用して・・


そういうことは、
脳みその端っこの方で
今でも、たまにやるのですが、


最近では、そういうことに
あまり執着していない自分がいます。



それは、多分
別に、お金を貯めてやる!と
意気込まなくても 
自然と、お金が残っている現実があって


例えば、1億円貯まったら
生活が変わるのか?と
自分で、自分に質問したところ


何も変わらないと
思ったわけで、


よくよく考えてみると、
もう既に十分
手に入れているし
満足している日々を送っていると思ったわけです。



そもそも、10年前
結婚したばかりの頃


借金500万円、
貯金ほぼゼロの生活からしたら


物凄い成長をしていると感じます。



つい、あそこの家庭は
○千万円の貯金があるとか、


富裕層は、1億円以上とか
数字を見て、


私は、まだまだだと
感じていたのですが、


人と比べることにおいて
そんなに意味はないのだと
最近、感じるようになりました。 


比べるべき対象というのは、
別の人ではなく
過去の自分。


過去の自分より、
どれだけ前に進むことができたのだろうか。


そのスピードが早かろうが
遅かろうが、過去の自分より
成長しているのであれば
それで良いんだと感じるわけです。


だから、貯金も
自分や、自分の家族に
無理の無い程度にやればいい。


今の自分たちが

・快適に
・楽しく生活できるために
ちゃんと、お金を使い


残った分は、残しておく。


その結果が、多い・少ないは
そんなに気にしないでもいい。


このまま、コンパクトな生活をしていれば
そんなに、沢山のお金は必要ではない。


いくら貯金したら安心というのはなくて、
「このままで大丈夫だ」と思うこと。


「大丈夫」と思えない限り
どこまで貯金しても
不安がなくならないものだから。


・過去の自分より前に進んでいる。
・このままで大丈夫。


そういうのが大切だなと
最近、感じます。



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 



よろしければ読者登録をお願いいたします!