先日の「住居費しだいで、家計は簡単になる」という記事でも
少し触れたのですが、
マネーフォワードという、家計簿アプリには、
「予算をたてる」という機能があります。





「予算をたてる」という設定で
自分の世帯収入を入れると、


似たユーザーの
それぞれの金額が
参考として表示されます。


FullSizeRender


↑我が家の場合、世帯収入40万円なので
40万円と入力したら、こんな数字が出てきました。


私が、どうして
この数字を参考にするかというと


体重計算のBMIみたいな感じがして
私の身長だったら、
どのくらいが標準体重なんだろうと
1つの目安になるからです。


そうは言っても、

・家族構成も
・住んでいる環境も
・それぞれの事情も


全然違う人の平均といったところの
数字なのだと思うので
あくまで参考に。



そして、人には、それぞれ
得意と、不得意があって、


削りやすい項目と
削りにくい項目があると思うわけです。


ちなみに、我が家の家族事情としては、
住居費は、削りやすいけど
通信費は、削りにくいです。


理由としては、


住居費は、私も、旦那も
ある程度の住居であれば良いと思えるタイプで、


多少、不便さはあるけど
旦那の職場の団地に
安い家賃で住むことに抵抗がないから。


その点、通信費は、
旦那の仕事上、理由があって
格安SIMは、なかなか厳しいところ。


それと、先月の実績を加味しながら
年間を通して、
大体、平均で、このくらいだろうという数字が
今月の予算になります。


■年間で、考える。



「年間を通して、
大体、平均で、このくらいだろうという数字」





この意味ですが、


我が家の場合、

・被服費や
・美容費が、特に、そうで、



毎月、洋服は買い換えないし、
毎月、美容院にも行かないわけで、


でも、必ず、かかる費用。


だから、毎月、波があることを理解して
年間の平均値を把握しておくことで、


先月は、沢山、使ったなぁって
知っておくことって大切だと思っています。


■自分に合った予算



お金の使い過ぎも良くないけど
使わな過ぎも、健康的ではありません。


自分の収入合わせて、
自分に合った予算をたてること。


それが、お金に困りにくい
家計管理になると思っています。


▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


よろしければ読者登録をお願いいたします!


よろしければ読者登録をお願いいたします!