昔の私は、
お酒を飲むことが、幸せなことだと思っていました。


それは、祖父が酒豪で
父も酒豪で、気づけば、母も酒豪だったから。


毎晩、食卓に
アルコールが並び


お酒を飲むことで
幸せそうな顔をする両親。


だから、私は、
お酒を飲むことは
幸せなことなんだと思っていました。


そして、私も
大人になったら、


酒豪になって
そしたら、私も幸せになるんだと思っていました。


■毎週の宴会


大学生の頃から、
事あるごとに、宴会があって


それを、ほぼ皆勤賞で参加した私。


社会人になってからも
ほぼ皆勤賞。


なので、どんどんお酒は強くなっていき
お金は貯まらない日々を過ごしていました。

■一人暮らし


そんな私が25歳の頃
一人暮らしを始めた時、
憧れの一人晩酌を開始しました。


アルコールの飲みすぎは、
きっと体に悪いだろうし、
太るだろうし、


お金の問題もあって、
1日1本まで。


そう最初は決めていたのに、
気づいたら、1本が2本。
2本が3本。3本が4本。


さすがに、1日4本目を飲み始めた頃に
私は、このままでは、廃人に拍車がかかると感じ。


どうせ、毎週のように宴会があるのだから
家では禁酒しようと思うようになりました。

■お酒を飲まない旦那


そんな私の、お酒ライフが
変わっていくのは、旦那と一緒に暮らし始めた頃から。


旦那の実家には、
晩酌という文化がありませんでした。


なので、旦那も、
夕ご飯は、白米と味噌汁。


それが普通という認識でした。


最初は、夫婦なのに
晩酌をしないなんてことがあるのか!?と
カルチャーショックでしたが、


旦那が飲まないのに
私だけ飲んでもなぁという気持ちから


私の中で、お酒を飲むというものが
どんどんなくなっていきました。


そして、今では、
年に数回。


外出先で、楽しく頂く程度になりました。

■お酒を控えることで得られる3つのメリット


と、話が長くなりましたが、


酒豪家系で育った私が感じる
お酒を控えることで得られる3つのメリットは、


・お金が貯まりやすい
・健康的な生活を送れる
・たまのお酒に、特別感がある

■思い込みは、変えられる。


酒豪の家系で育った私は、
お酒は、毎日飲むもので


毎日飲まないのは
不幸なことだと思っていました。


でも、それは、家庭環境が作り出した
思い込みなんだなと感じます。


特別な時だけ、頂くお酒は、
特別感があって、美味しく感じられるし、


二日酔いもないし、
体は、健康的です。


更に、お酒を買わないことで
お金も貯まりやすくなります。


毎日、お酒を飲まなくても
幸福度って変わらないものです。


むしろ、お酒を飲まないと
幸福感を感じられないというのは、


ちょっとしたアルコール中毒の状態なんだなと。


お酒を控えることで得られるメリットは
とても大きいなと感じます。


▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


よろしければ読者登録をお願いいたします!


よろしければ読者登録をお願いいたします!