先日の記事、【美容費をかけずに美しくなる方法】お金も貯めて綺麗になった方法教えます。にご質問をいただきました。




ご質問、ありがとうございます!
嬉しいです^^

■目次
 ▶一気に「すっぴん」になるにはハードルが高い
 ▶リキッドファンデをパウダーに替える
 ▶ポイントメイクで「きちんと感」アップ
 ▶15分以下の日差しなら日焼け止めは使わない
 ▶まとめ

■一気に「すっぴん」になるにはハードルが高い



私も、宇津木式スキンケアを始めた頃、
それまでフルメイクで過ごしていたので、
一気に「すっぴん」になることに物凄く抵抗がありました。

そこで、参考になったのは、化粧品を使わず美肌になる!でした。


この本では、宇津木式スキンケアに切り替わるための
細かいアドバイスや方法が、イラスト付で詳しく書かれています。

■リキッドファンデをパウダーに替える



まず、一番重要だと感じたことは、
リキッドファンデは、肌にとって、
かなり悪影響であるということ。


もし、今、リキッドファンデを使っている場合は、
おしろいタイプのパウダーに切り替えて、
徐々に、ノーファンデに移行していくことが理想的です。

私は、元々、BBクリームの後に、
お粉で仕上げていましたが、
思い切ってBBクリームをやめて
お粉だけにすることから始めました。

最初は、なんとなく落ち着かないのですが、
徐々に、お粉だけのメイクに慣れていき、
現在は、普段の生活では、ノーファンデ。


そして、ちょっと気合を入れたい時だけ、
ファンデーションを使うようになりました。

■ポイントメイクで「きちんと感」アップ



どうしても、薄化粧に慣れない場合は、
ファンデーションを使うのではなく、
肌の負担になりにくいポイントメイクで、
「きちんと感」をアップさせると良いです。


この場合のポイントメイクも、
リキッドタイプや練りものタイプを避け、
お湯だけで落ちるタイプのものを選びます。

宇津木式の基本は、肌に負担をかけないこと。
なので、ポイントメイクをする場合も、
こすったり、ひっぱったりしないこと。


若いうちは、ピチピチ肌ですが、
長年、化粧品で肌を覆い、こすったり、
ひっぱったりを繰り返していくことが、
やがて、目元のたるみやクマを生み出し、
老け顔になっていきます。

■15分以下の日差しなら日焼け止めは使わない



現代は、「夏でも冬でも日焼け止めは塗りましょう」
これが常識とされています。

私も、宇津木式を知るまでは信じていました。

しかし、日焼け止めには、ベースとなる基剤として、
肌バリアを壊す界面活性剤が使われています。
日常的に使うと、肌の乾燥や老化が進みます。


なので、日にあたる時間が1日15分以下なら、
紫外線対策は必要ありません。

直射日光に1日15分以上にあたるときも、
日焼け止めは避け、日傘や帽子を取り入れます。


日焼け止めを使うのは、屋外でスポーツをしたり、
海辺などで長時間過ごすときだけ。

ワセリンベースの日焼け止めなら、
肌への負担を軽減できます。

詳しく説明したサイトがありましたので、
ご紹介しておきます。
ワセリン 日焼け止め エメローゼンを宇津木式は勧めているけれど…

■まとめ



私も、毎日フルメイクをしていたので、
明日から「すっぴん」で過ごすなんて・・
そのハードルの高さは、よく分かります。

でも、「このまま化粧品なしでは
生活できない日々」を卒業したい。

そして、健康的な美しい肌を手に入れたいと思い、
数年をかけて徐々に、シフトしていきました。


現在では、普段の生活では、
朝は「水だけで洗顔→薄くワセリン」
夜は「お風呂で石鹸洗顔→薄くワセリン」
それ以外は、ノーファンデ、ノーメイクで生活しています。

手間暇は格段に減り、美容費は、ほぼかからないのに、
フルメイクをしていた頃よりも、肌の状態は
確実に良くなっています。


ちなみに、私は、人一倍、美容にお金をかけていたタイプなので、
人一倍、肌はボロボロでした。

なので、今、すっぴんでも外出できるようになったことが
とても幸せなのです。

一度、スキンケアをシフトしてしまえば、
それは、「一生モノの美肌」に繋がります。


なので、急がず、焦らず、のんびりシフトしていき、
お金もかからない美肌を手に入れていきましょう。





よろしければ読者登録をお願いいたします!