「老後の資金がありません」という本を
読者さんに教えてもらって
読んでみました!





■本の内容



しっかり貯金して老後の備えは万全だったわが家に、
突然金難がふりかかる! 後藤篤子は悩んでいた。

娘が派手婚を予定しており、
なんと600万円もかかるという。

折も折、夫の父が亡くなり、
葬式代と姑の生活費の負担が発生、
さらには夫婦ともに職を失い、
1200万円の老後資金はみるみる減ってゆく。

家族の諸事情に振り回されつつも
やりくりする篤子の奮闘は報われるのか?
普通の主婦ががんばる傑作長編。


■久しぶりの小説



この本を教えてくれた読者さんも
次の転換が気になって
一気に読んだそうで、

私も、久しぶりの小説だったけど
ハマるように、どっぷり浸かって読んでしまいました。

・娘の派手婚600万円
・義父の葬式代
・義母への仕送り月9万円
・夫婦揃ってクビ


小説の前半は、ネガティブな内容が続き
読んでいるだけで、どんよりしてきそうだったわけですが、

前半の共通点としては、
自分の気持ちより
周りの評価や、見栄ばかりを優先させていて
それが、どんどん悪循環を生んでいました。

■どうにかなる



でも、話の後半になればなるほど
あんなに悩んでいたことが
1つ1つ解決してきます。

そして、最後には
清々しいとさえ思うほど。


■身の丈



お金をかけなければ
幸せではない。

そういう価値観から
解き放たれた時
人は、本当の幸せに気づくのだろうな。


■まとめ<どうにかなる>



困った時は、見栄をはらず
助けて欲しいと素直に言う。

プライドを手放し
等身大の自分で
のんびり楽しく過ごしていくこと。


これが、幸せへの第一歩。

人生、どうにかなるって
思わせてくれる本でした。








よろしければ読者登録をお願いいたします!