「お母さんは、あなたのためにパートに我慢して行ってるの」って
学生の時に、母がよく言っていました。

当時は、
家計とか、大人の世界とか
そういうのが分からなかったので・・

「そうか、これは有難い」
思わないといけないんだなと思っていました。

■楽しくなかった過去



P7030496


私は、学生の時
なんだか、とても辛かったんです。

マツコ・デラックスが、
「小学生の時、全然楽しくなかった」って
テレビで言っているのを聞いて

正直、「私も、そう思ってた」

でも、まだ子供の私は、
自分がおかしいんだ。

その言葉で片付けて
淡々と生きていました。

■当時の答え合わせ



当時の私には、
どうして楽しくないのか・・

どうして辛いのか・・

そして、
どうすれば良いのか・・

分からなかったんです。

でも、最近、ちょっとずつ
当時の答え合わせができるようになってきました。

■答え



心屋仁之助さんのブログ
こんなことが書いてあります。

自分が幸せに生きている人は
他人に「それはおかしい」なんて言わないもの。

「それはおかしい」と
わざわざ言いたくなるのは

自分の中の罪悪感が発動しているから。

そんな人から発せられる
「怖れの言葉」を聴く必要もないし

「アドバイス」や「忠告」は
「幸せに生きている人」の言葉だけ採用すればいい。


■子育て



私は、4歳の息子を育てる
母親になりました。

そして、子育てで一番大切なのは
何なのか・・

それは、母親である私自身が
「幸せに生きている人」になること。

「あなたのために、私は我慢しているの」
そんなことを言うような人生を送らないこと。

■自己犠牲



私のせいで、母の数年間を
地獄のようなパート勤めをさせてしまった。

だから、私は、
母の思うような人生を歩まなければいけない。

そして、私も将来
辛い思いをして働かなければならない。

この考え方が間違っていたんだなと。

自己犠牲は、自分も幸せにならないし
周りにも幸せを与えることはできないんだなと。

まずは、自分が幸せになること。
それが自然と周りを幸せにすることが
できるんだなと、私は思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!