昨日ご紹介したやりくり名人のベストアイデア
経済アナリストの森永卓郎さんの記事があって
その中でも、食費を抑えるコツが
興味深いと感じました。



■目次
 ▶オススメ食材とは?
 ▶献立を決めるタイミングは?
 ▶ある程度、冷蔵庫のものをチェックする
 ▶1週間、困らない程度にゆるく。
 ▶最後に

■オススメ食材とは?



ライザップ式ダイエットで
20キロ近く痩せた森永さん。

やっぱ、痩せると若返るなぁ〜。
ライザップすげーと思うわけです。

その中で、森永さんがオススメする食材が
興味深いと感じました。

(本書より)
糖質を含むもの以外は
お腹いっぱい食べられるので、
意外と辛くなかったのですが、
ダイエットに最適の食材は
家計にもやさしいと気づきました。

その代表格が、豆腐。安くてタンパク質や
ミネラル分が豊富なので、毎日食べても安心です。
完全栄養食品といわれる卵も物価優等生。
積極的に摂りたい食材です。
肉なら、何といっても鶏むね肉がおすすめ。


なるほどね、豆腐、卵、鶏むね肉ね!
頭にインストールしておきます!


■献立を決めるタイミングは?



そして、献立を決めるタイミングは、
買い物の後がマスト!


(本書より)
献立を決めてからスーパーに行くのは、
節約にとって自殺行為。
必要なものが思ったより高くても
買わざるを得なくなってしまいます。


確かに!
なんか、これは同意見だなと感じます。

■ある程度、冷蔵庫のものをチェックする



私は、週1回のまとめ買いをしているのですが、
買い出しに行く前は、ほぼ冷蔵庫がスカスカ状態で
それでも残っている食材を
チェック&メモして
それらを使い切れる食材を意識して買います。


その上で、自分たちが食べたいと思った
旬のものやお買い得商品を
買うようにしています。

■1週間、困らない程度にゆるく。



我が家は、車が1台だけの
田舎の住民なので、
必然的に週1回のまとめ買いになっていて、
絶対にこうしたい!とか
そういうのではないです。

ただ1週間で食べ終われるというか
1週間、困らない程度に買って
基本的に1週間後の冷蔵庫が
スカスカになるように・・


これだけは、基本的なルールで
緩く楽しい生活ができることが
今は良いなと感じていて、
それでも1週間の買い物は
1万円を超えることはない。

これが現状で、
今の我が家には、
このくらいの緩さがいいなと感じます。

■最後に



スーパーでの買い物って
自分が買う予定のものを
ガチガチに固めてしまったら
「思ってたより高い」に遭遇しやすくなります。


だから、週に1回、
旬のもの、食べたいもの(お値段も安い)との
出会いを楽しむ。

そんな日があっても
いいんじゃないかなー。

なんだか、服などへの物欲が減った分
「食べたいものを食べたい」という
原始的な欲が出てきていて、
そういう気持ちを大切にしてあげたいなと
感じています。



<人気記事セレクション>
1.お金の不安から自由になるために、今から始めよう

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.私は「下半身ぷよぷよ筋肉不足のカバタイプ」【遺伝子博士】検査結果届きました。




よろしければ読者登録をお願いいたします!