piggy-bank-1429579_640


先日、このようなご質問を頂きました。
ありがとうございます^^



■目次
 ▶マネーフォワードで足りない部分を補う
 ▶ESSE1月号にエクセルの表を載せています
 ▶項目は増やしすぎない
 ▶最後に

■マネーフォワードで足りない部分を補う



私は、基本的には、
家計簿アプリ「マネーフォワード」を
使用して、家計簿をつけています。

無料なのに、かなり使えるので
重宝しております。

しかし、無料のままだと、
1年前のデータが見れなくなってしまうのです。

(有料会員は月500円かかります)

なので、マネーフォワードを見ながら、
月に一度、エクセルに数字を入力しています。

これは、何となくなのですが、
一応、自分の中でのバックアップの意味と
1年間の一覧をズラリと並べて見られるので、
収支の把握がしやすいという意味が込められています。


■ESSE1月号にエクセルの表を載せています



そんなエクセルデータですが、
実は、先月のESSE1月号にチラッと掲載しています^^

関連記事:
【お知らせ】ESSE1月号に登場します!お金が貯まる家計簿のつくり方

48


ESSE1月号に、私も登場しているのですが、
9月、10月のエクセルデータも登場しています。

■項目は増やしすぎない



ちょっと個人的な理由で、
数字を変えているところもありますが、
基本的には、こんな感じにしています。

普段、ブログで公開している
家計簿より、ちょっと詳細に分けていますが、
こと細かに分けているわけではありません。

あまりにも細かく分けすぎると、
私は、訳が分からなくなってしまうのです。


■最後に



家計簿は、自分が楽しく続けられることが
一番大切なことだと思っています。


私も、結婚してから、色々な方法、
色々なやり方にチャレンジして
現在に至っています。

そして、これからも、進化を遂げていきたいと
思っています^^

なので、私のやり方がmiiさんの家計簿の
参考にでもなれたら嬉しいなと思います。


また、いつでもご質問待っています^^

【ハピコのひとこと】
家計簿は、自分に合った方法で楽しいことが一番!

私が登場するESSE1月号♪




よろしければ読者登録をお願いいたします!