pound-414418_640


今年の6月に書いていたセゾン投信の記事↓
【年金】年収800万円でも月20万円に達しない現実。私たちは、これからどうすべきか?

この時点で、まだ-12,000円くらいだった評価額が、
だいぶ回復してきています。
51


■セゾン投信を1年半やってきて思うこと



私は、昨年の春くらいからセゾン投信を始めました。

なので、始めてから1年半くらいが
経過したということになります。

そんな1年半続けてきて思うことは、
私は、始めたタイミングが悪かったということ・・

このグラフを見てください。
53


これは、過去5年間の日経平均株価です。

見てお分かりのように、
私は、一番株価が高い時に始めて、
その後、なだらかに下がっています。

そして、最近になって、少しだけ持ち直してきています。

なんとなく感じることは、結構、株価とかは下がっているけど、
セゾン投信の下げ幅は、そんなに大きくないということ。


この1年半ほぼずっとマイナス評価だけど、
「じっと待つ」これに徹してきました。


■気持ちがざわつく金額は、様子を見てから



どうして、私が、ずっとマイナス評価でも
心穏やかに動向を眺めることができたのか・・

それは、やはり私が、無理な金額で投資をしていないからです。

私が投資に回している金額は、
総資産の約2%ほど。

それでも、このまま行けば30年後には
500万円を超えます。

私は、そのくらい先のスパンで
物事を見ています。


そして、30年という時間を味方につければ、
こういう投資信託は、ほぼ確実にプラスの評価になっているのです。

そして、もう少し経済の様子を見て
ここでは「もうちょっと金額を増やしておこう」とか
そういう微調整をしていこうと思っています。

■最後に



短期間で勝負を決める投資は、
それなりのスキルを必要としますが、
こういう長期的な投資は、物凄いスキルを必要としません。

なぜなら、時間という最大の味方をつけて、
「のんびり」やっていけば良いのです。


そして、数十年後に、まとまったお金になっている。
そういう投資なら、そんなに恐ろしいものではありません。

なので、私は、これからも
のんびり楽しく「セゾン投信」を続けていこうと思います。



よろしければ読者登録をお願いいたします!