お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
こんなことが書いてあります。

100万円を運用するのも、1億円を運用するのも、
手間は大して変わりません。
むしろ、1億円を運用する方が投資コストが下がり
有利になります。

資産運用で年に10%の利回りを得たとして、
元本100万円の場合は10万円の利益が手に入ります
(100万円×10%)
まったく同じコストで元本1億円を運用すれば、
利益は1000万円です
(1億円×10%)
このように資産運用ではスケールメリットが
非常に大きくなります。




■目次
 ▶老後は投資家として生きていく
 ▶何のために貯金をしているのか
 ▶穀潰しでは不安すぎる
 ▶今から種を蒔いていく
 ▶最後に

■老後は投資家として生きていく



「老後のためには1億円が必要だ」

こんなことを耳にしては、
不安になってしまいます。

でも、最近思うことは、老後のために1億円なんて
そもそも、ちゃんとお金のことを勉強した人なら
そこまで必要がないと気づきました。

だって、3000万円を年5%で運用すれば150万円。
5000万円を年5%で運用すれば250万円。

それに、わずかながらの年金を足せば、
そこまで困窮することはありません。

そして、お金がお金を生み続けてくれるので
お金が減っていくことはないのです。


■何のために貯金をしているのか



なぜ、お金持ちになる人が
質素な生活をしているのか・・

それは、このシステムを
よく理解しているからです。

将来的に、お金がお金を生み出してくれる
システムを作るために、
穏やかな生活を送りつつ
不要なものは徹底的に排除して
コンパクトにしているのです。


■穀潰しでは不安すぎる



前に、「老後1億円必要だ!」説の
内訳として、月35万円の生活費を維持するためと
聞いたことがあります。

確かに、現役世代は月35万円の生活費は
よくある話です。

でも、どんどん減っていく預金口座を
目の当たりにしたら、
人は、どんどん不安になっていくものです。

■今から種を蒔いていく



お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方の中に
書いてあるのですが、

日本国も企業も、もはや老後の面倒を
見てはくれません。

好むと好まざるとにかかわらず、
誰もが最後は、一人の投資家として
生きていくことになります。

そのときに、金融市場について
なんの知識も持っていなければ、
いったいどうやって自分の資産を
守れるというのでしょう?


そう。これからの時代は、
老後は、潤沢な年金をもらえる時代ではありません。

だから、今から少しずつ
金融市場に慣れていく必要があるのです。


■最後に



たとえ、最初は10万円とかからでも
今から、投資に慣れていく人が
勝ち組になっていくのです。


私も、先日の記事でも書きましたが
maneoで本格的に資産運用を
始めました。

【本格的に資産運用開始】とりあえず50万円出資しました!

そして、これから私がやるべきことは、
このまま穏やかなコンパクトな生活をして
貯金を続けていくこと。

そして、そのお金を運用して
徐々に大きくしていくこと。

これの繰り返しで、
「お金の不安から自由になる」を
実現させていきます。


▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪





よろしければ読者登録をお願いいたします!