「生命保険」

生命保険って、やっぱり
大黒柱の旦那さんが、この世からいなくなったら
子供達は、大丈夫かしら!?

この不安を解消させるためにあるんですよね。

で、旦那さんが亡くなった時に
貰える金額が3000万円なのか
5000万円なのかで
保険料も変わってきます。

■得体の知れない不安



「保険」って、
得体の知れない不安を
解消するためにあります。


でも、そもそも
「得体の知れない不安」って何でしょう。

■現金8000万円



お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?
子ども2人の平均的な家庭で、
遺族年金等を加味すれば、
現金8000万円以上持っていれば
生命保険に加入する必要はない
と書いてあります。



ちなみに、我が家のような
子どもが1人で
住宅ローンのような負債もない家庭は、
8000万円も必要でないのです。

■神的な幻



保険・・

それは「お守り」のような
神的な幻のような存在として
扱われることがあります。

でも、保険って、契約であって
その万が一が起こった時に
「自分が契約している金額が貰える」


ただ、それだけの存在なのです。

■貯金があれば



だから、そもそも
手元に十分な貯金があれば
「生命保険」
さらに言えば
「医療保険」にも
加入する必要はないのです。


保険のCMなどは、
過度に不安を煽りますが、
保険は万能な神様ではなのです。

■まとめ



自動車保険以外の保険は、
基本的には、手元に十分な現金があれば
必要ではないんです。

だから、手元の貯金が増えていけば
保険金も下げてもいいんです。


ということは、保険料も下がるというわけで・・

お金持ちは、更に
お金持ちになっていく・・


これが、世の中のシステムなのです。

だから、過度に心配することなく
自分の生活をミニマムライフにして
残ったお金は貯めていく。


これが、より早く
お金持ちになっていく方法なのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




よろしければ読者登録をお願いいたします!